お客様窓口:0120-60-3304


定型CGIの概要(バーチャルサーバ用)

Infovalleyでは、定型CGIとして以下のものを用意しております。

    注:
  • 定型CGI は Infovalley会員の方を対象にしたサービスとなり、無料でお使い頂けます。
  • 定型CGI の設定方法につきましては、「定型CGI(バーチャルサーバ)」をご覧下さい。
  • 定型CGI 以外の独自CGI の利用につきましては、「独自CGIの設置」をご覧下さい。
  • Infovalleyお助け情報 (ホームページ関連)」 では、一般のお客様を対象にした定型CGIの設定方法を説明しています。 バーチャルサーバをご利用の場合でも、設置方法はほぼ同じですのでご参照下さい。


◆ カウンター

カウンターには、アクセスカウント、カレンダー、時計、カウントダウンの機能があります。
(ここにあるカウンターは、サンプルのため動作していません。)

アクセスカウント
カレンダー
時計
カウントダウン 西暦2000年まであと

カウンターは数字とキャラクターがありますので、お好みのスタイルでカウンターを表示させる事ができます。
数字 (25種類)
キャラクター (31種類)


◆ 返信機能付き掲示板

ホームページを訪問した人に感想などを記入してもらい、その内容を表示する掲示板CGI です。

返信機能付き掲示板には、以下のような特長があります。
  • 書込みフォームと記事の内容が同じ画面に表示されます。
  • 返信記事を返信元記事の下に表示することができます。
  • 投稿者は削除キーを使用して、自分の投稿した記事を削除することができます。
  • URL をコメント欄に記入した場合、自動的にリンクします。
  • 管理者は指定した記事を削除することができます。
  • クッキーを使用して、名前やメールアドレス等の入力を保存させて置くことができます。
  • 掲示板を複数設置することができます。
返信機能付き掲示板はカスタマイズすることにより、アイコン式掲示板やふきだし式掲示板のように表示させることができます。


◆ ツリー掲示板

記事のタイトルをツリーにして表示させることができる掲示板CGI です。
ゲーム攻略などの特定の話題に適した掲示板です。

ツリー掲示板には、以下のような特徴があります。
  • 書込まれた記事に対して返信することができます。
  • 検索機能が付いています。
  • アクセス認証(ユーザ、パスワード)を設定することにより、会員制の掲示板を設置することができます。
  • 投稿者は削除キーを使用して、自分の投稿した記事を削除することができます。
  • 管理者は指定した記事を削除することができます。
  • 削除モードにはツリーを保護する削除モード(標準状態)と、ツリーを保護しない削除モードがあります。
  • オプションを使用すると 返信機能付き掲示板 のように表示させ、使用することが可能です。
  • オプションを使用すると 掲示板に書込みする人を制限できます。
    書込み用パスワードを知らない人は、掲示板の閲覧はできますが書込めないようになります。
ツリー掲示板はカスタマイズする事により、アイコンを使ったオリジナルの掲示板を作成する事ができます。


◆ ゲストブック

ホームページを訪問した人に感想を記入してもらい、その内容をリアルタイムに表示する掲示板CGI です。
ゲストブックや日記として使用できます。また、掲示板等の簡単なBBSのような事にも応用できます。

ゲストブックには、以下のような特徴があります。
  • 書込みを行うと、記事の一覧だけの画面が表示されます。
  • 記事一覧の画面にリンクを張ることができます。
    書込みフォームのURLを知らないと書込みができません。
  • オプションを使用すると ゲストブックに書込みする人を制限できます。
    書込み用パスワードを知らない人は、ゲストブックの閲覧はできますが書込めないようになります。
ゲストブックはカスタマイズすることにより、アイコンを使ったオリジナルのゲストブックを作成する事ができます。


◆ 入力フォーム (Sendmail CGI)

ホームページを訪れた方からのメッセージやアンケート、宿泊予約等の各種申込を電子メールで指定した宛先に送ることができるCGI です。

入力フォーム(Sendmail CGI)には、以下のような機能があります。

  • 送信する前に入力項目の確認画面を表示させることができます。
  • 送信した内容の入力項目の確認画面表示させることができます。
  • メール送信後、お礼のページを表示させることができます。
  • 必須の入力項目の設定ができます。
    例えば、メールアドレスを必須項目に指定したときに、メールアドレス未入力の場合はメールアドレスの入力を促す画面を表示させることができます。
  • 入力した内容を、入力した人にも送信することができる
入力フォームはのサンプルは、こちら をクリックしてご覧下さい。

Infovalleyへのお申し込みページ(SSL環境)でも入力フォームを使用しています。
注:テスト送信はご遠慮下さい。


◆ 買い物かごCGI

選択した商品の合計と消費税を計算し電子メールで注文書を送るCGIです。

買い物かごCGIには、以下のような特徴があります。
  • 選択した商品の合計と消費税を計算し、指定した宛先にメールを送信します。
  • 支払い方法でクレジットカード選択時、クレジット会社等を入力しないとエラーを表示します。
    この機能は、JavaScriptを使用しています。
  • SSLで保護された場所で買い物かごCGIを動作させるので、安心して入力することができます。
    SSL等のインターネット用語は、「インターネット(用語集)」からお調べいただけます。
買い物かごCGIのサンプルは、こちら(SSL環境)をクリックしてご覧下さい。

注1: 買い物かごCGI は、現在の所、配送料金を計算する機能は付いておりません。
注2: バーチャルサーバでSSLをご利用になる場合、次の2通りの方法になります。
暗号化に必要な証明書(サーバID)を
1) Infovalleyの証明書を利用する。(無料)
2) 独自ドメイン名で証明書を取得する。(有料)

(1)Infovalleyの証明書を利用する場合:
メリット :Infovalleyに対する料金は発生しません。
デメリット :コンテンツを2つのサーバに分けて登録します。
暗号化しない部分(トップページ等)のURLは、http://www.000.jp/xxxx.html のように独自ドメインのURLが使用されます。
しかし、暗号化するコンテンツについては、https://www.valley.ne.jp/~000/xxxxx.html のようにURLに独自ドメインが入りません。

(2)独自ドメインで証明書を取得する。
メリット :すべてのコンテンツに対して、URL表記部分に独自ドメイン名が入ります。
デメリット :証明書を日本ベリサイン等の証明書発行機関から取得していただく必要があります。
お客様負担で、取得費用及び年間の維持費用が発生します。
独自ドメインで証明書を発行したい場合は、「SSLのご利用」をご覧下さい。