お客様窓口:0120-60-3304


Windows NT4.0版
    はじめに

    WindowsNT4.0 は、インターネット接続に必要なアプリケーションソフトを 標準装備しています。しかし、それらのアプリケーションソフトが マシンにインストールされていない場合があります。 まず、ダイアルアップIP接続に必要なリモートアクセスサービス(RAS)TCP/IP を追加して下さい。 (すでにインストールされている場合は、設定事項を確認して下さい。)


    リモートアクセスサービス(RAS)の設定

    1. コントロールバネル ---> ネットワーク をダブルクリックし、 サービスを選択します。
    2. ネットワークサービスでリモートアクセスサービスをダブルクリックし、 リモートアクセスセットアップを起動します。
    3. ネットワークをクリックし、 ダイヤルアウトプロトコル:TCP/IPにチェック。 サーバの設定:次のリモートクライアントを許可する。 :TCP/IPにチェック。
    4. TCP/IPの構成をクリックし、リモートTCP/IPクライアントの アドレス割り当てにDHCPを使う。にチェックを付け OKをクリックします。
    5. 暗号化の設定:クリアーテキストを含む任意の認証を許可する。にチェック を付けOKをクリックします。
    6. 追加をクリックしRASデバイスの追加でモデムの追加を選択します。
      (この時RAS対応デバイスにモデム名とCOM名が表示されている場合は キャンセルをクリックして下さい。)
    7. 「新しいモデムのインストール」が起動しますので 画面の指示に従ってモデムの検出を行って下さい。
    8. 正常に検出されますとリモートアクセスセットアップに表示されます。
    9. 構成をクリックし、ポートの使い方でダイヤルアウトと 着信にチェックを付けOKをクリックします。
    以上でリモートアクセスサービスの設定は終了です。
    続行 ---> 閉じるをクリックし再起動して下さい。


    ダイヤルアップネットワークのエントリ

    1. マイコンピュータ ---> ダイヤルアップネットワークを ダブルクリックし、新しい電話帳のエントリウィザードを起動させます。
    2. ウィザードに従い各項目を設定して下さい。 ここに記入されていない項目につきましては初期設定のままです。
    3. 各項目に入力し終わりましたら、次へ ---> 完了をクリックします。
    4. 「その他」 ---> 「エントリとモデムのプロパティの編集」を選択します。
    5. サーバの項目を選択し、各項目を設定しOKをクリックします。
      • ネットワークプロトコル:TCP/IPにチェック
      • 「PPP LCP 拡張を使う」のチェックを外します
      • 「TCP/IPの設定」をクリックし 「ネームサーバアドレスを指定」にチェックを付ける
      • プライマリDNS:202.222.129.2
    6. セキュリティを選択し、 「クリアーテキストを含む任意の認証を受け付ける。」に チェックを付けOKをクリックします。

    以上でダイヤルアップネットワークのエントリは終了です。


    Infovalleyへ接続

    1. ダイヤルアップネットワークでエントリ名が Infovalley と表示されている事を確認して、ダイヤルをクリックします。
    2. 「ダイヤルアップサーバへの接続」ウィンドウが開きましたら、
      ・接続ユーザー名@valley.ne.jp
      ※有線ダイアルアップ、AirH"専用アクセスポイントをご利用の場合は、「接続ユーザ名」のみ入力します。
      ・接続パスワード
      を入力しOKをクリックします。
      注意:ドメインは何も入力しないで下さい。
      接続できましたらブラウザを起動します。アドレスの欄に、

      http://www.valley.ne.jp/

      と入力し Enterキーを押しますとInfovalleyのホームページが表示されます。


      接続の確認と切断方法

      • コントロールパネル ---> ダイヤルアップモニタをダブルクリックします。 状態のウィンドウで接続状況が確認できます。
      • Infovalleyとの接続を終了する場合は、 ダイヤルアップモニタの切断をクリックします。