お客様窓口:0120-60-3304


フレッツISDN での接続方法

Infovalleyでは、NTT東日本様が提供する「フレッツ・ISDN」(IP接続サービス)に対応しています。
フレッツ・ISDN 経由でInfovalleyを利用される場合は、接続設定を一部変更して頂く必要があります。 この資料では、既にInfovalleyへの接続設定がされていることを前提に説明しています。


注意:
現在のご契約がフレッツ対応コースか、「接続サービスのご案内」よりご確認下さい。
お客様の接続契約は、「ご契約内容照会」からご確認頂けます。

フレッツISDNは、NTT東日本様の独自のサービスとなりますので、 マイラインを他の電話会社と契約した場合、接続先電話番号の前に識別番号を付ける必要があります。
識別番号の設定については、「マイライン・マイラインプラスをNTT東日本様以外を申込まれた場合」をご覧下さい。

Infovalleyの接続設定がされていない場合は、【ダイヤルアップ接続】 をご覧の上、お使いのパソコンにInfovalleyの接続設定を行って下さい。
その後、フレッツ・ISDN 経由での接続設定を行って下さい。

NTT東日本様のホームページで 「TA・ルータの動作確認情報」が掲載されています。
お使いの TA・ルータに動作上問題が発生していないか確認されれる事をお勧めします。

設定資料中で説明している「ダイヤルアップ接続用電話番号」は、NTT東日本様から送付された「開通のご案内」の用紙に記載された電話番号を入力して下さい。
電話番号がご不明な場合は、NTT東日本様までお問合せ下さい。

ダイヤルアップルータを使って接続する場合は、認証方式を PAP に設定して下さい。




◆ Windows の接続設定

  1. デスクトップにある マイコンピュータ --> ダイヤルアップネットワーク をダブルクリックします。

    Windowos Me をお使いの場合は、デスクトップ左下にある スタート --> 設定 --> ダイヤルアップネットワーク の順にクリックします。


  2. Infovalleyのアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

    ダイヤルアップネットワーク


  3. [全般] 画面が開きます。
    電話番号の入力欄に、NTT東日本様 から提供されたダイヤルアップ接続用電話番号 を入力します。

    全般


  4. OK」をクリックし、ダイヤルアップネットワーク画面に戻ります。

    Infovalleyの接続アイコン アイコン をダブルクリックします。


  5. [接続] 画面が開いたら、以下の情報を正しく入力・確認します。
    入力する情報は、Infovalley加入時に送付した「Infovalley御利用情報のお知らせ」の用紙をご覧下さい。
    電話番号は、NTT東日本様から送付された資料をご覧下さい。

    ユーザー名:接続ユーザ名@valley.ne.jp
    パスワード:接続パスワード
    電話番号:NTT東日本様 から提供された
    ダイヤルアップ接続用電話番号

    接続


以上で、フレッツ・ISDN 経由での接続設定は終了です。
接続」ボタンをクリックし、インターネット接続ができるかご確認下さい。




◆ Macintosh の接続設定


【 リモートアクセス / PPP をお使いの場合 】

「リモートアクセス」「PPP」 をお使いの場合、フレッツ・ISDN経由では回線がすぐに切断されてしまい、正常に接続ができない場合があります。
回線が切断されてしまう場合は、[備考] 接続後 1分前後で接続が切断されてしまう現象について をご覧下さい。
  1. デスクトップにある アップルメニュー --> コントロールパネル --> リモートアクセス(PPP) の順にクリックします。
    ※ PPPをお使いの場合、以降「リモートアクセス」を「PPP」に置き換えてご覧下さい。

  2. [リモートアクセス] の画面が開いたら、以下の情報を正しく入力します。
    入力する情報は、Infovalley加入時に送付した「Infovalley御利用情報のお知らせ」の用紙をご覧下さい。
    電話番号は、NTT東日本様から送付された資料をご覧下さい。

    ユーザー名:接続ユーザ名@valley.ne.jp
    パスワード:接続パスワード
    電話番号:NTT東日本様 から提供された
    ダイヤルアップ接続用電話番号

    リモートアクセス


以上で、フレッツ・ISDN 経由での接続設定は終了です。
接続」ボタンをクリックし、インターネット接続ができるかご確認下さい。



【 FreePPP 】

FreePPPは、書店で販売されているインターネット関連の雑誌の付属CD-ROMやインターネット上(Vector等)から入手できます。 雑誌等に掲載されているインストール方法をご覧の上、お使いの Macintosh にインストールして下さい。

ここでは、FreePPP2.6.2J を例に説明します。
FreePPP2.6.2J 以外のバージョンをお使いの場合も、設定方法はほぼ同じなので参考にして下さい。


  1. デスクトップにある 電話のアイコン --> FreePPP Setupを開く の順にクリックします。

    FreePPPメニュー
    インストール時に作成されたFreePPP2.6.2Jフォルダの中にある FreePPPアイコン アイコンをダブルクリックしても設定画面が開きます。


  2. プロバイダ」タブをクリックします。
    Infovlleyのアカウントを1回クリックし、「編集」ボタンをクリックします。

    プロバイダ


  3. [プロバイダ] 画面が開いたら、以下の情報を正しく入力します。
    入力する情報は、Infovalley加入時に送付した「Infovalley御利用情報のお知らせ」の用紙をご覧下さい。

    ユーザーネーム:接続ユーザ名@valley.ne.jp
    パスワード:接続パスワード

    プロバイダ


  4. 同じ画面で [ダイアルアップ] タブをクリックします。
    入力後、「OK」ボタンをクリックします。
    市外局番 入力しません
    電話番号 1492

    ダイアルアップ


  5. FreePPP Setup 画面から、[モデム] タブをクリックします。
    「一般のモデム」を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

    モデム


  6. [FreePPPモデム設定] の画面を設定します。

    使用するポート TAを接続しているポートを選択します。
    ポートスピード 57600bps を選択します。
    フローコントロール CTSとRTS(DTR)を選択します。
    電話回線の種類 トーンを選択します。
    モデム初期化コマンド 手入力にチェックを付け、 TA付属のマニュアルをご覧になり、「同期通信64K」用のATコマンドを正しく入力して下さい。


  7. 「OK」ボタンをクリックし、FreePPP Setup 画面に戻ります。

以上で、フレッツ・ISDN 経由での接続設定は終了です。
接続」ボタンをクリックし、インターネット接続ができるかご確認下さい。




【 [備考] 接続後 1分前後で接続が切断されてしまう現象について 】

TA(ターミナルアダプタ)と「リモートアクセス」、または「OpenTransport/PPP」を使用して接続した場合、接続に失敗したり、接続できても1分前後で切断される現象が発生することがあります。
これは、「フレッツ・ISDN」の方式に「リモートアクセス」や「OpenTransport/PPP」が現在対応していないために発生致します。

●対処方法1
接続ソフトをFreePPP(フリーソフト)に変更して接続をお試しください。
その際、同期64Kのモデム初期化コマンドをFreePPPのモデムの項目で設定して頂く必要があります。
同期64Kの初期化コマンドについては、TA付属のマニュアルをご参照いただくか、製造メーカーへお問い合わせください。

また、USBポートを利用してTAとMacintoshを利用されている場合、FreePPPを使用しても接続できない場合があります。 FreePPPを使っても切断されてしまう場合は、製造メーカーへお問合せください。

●対処方法2
ダイヤルアップルータを使い、LAN接続でご利用ください。
なお、ダイヤルアップルータのルータ設定で認証方式を「PAP認証」に設定してください。
※Infovalleyの認証方式は「PAP」のみ対応しております。

●参考
NTT東日本 - トラブルシューティング