BOUNCEメール 対処方法例


BOUNCEメールの対処方法における、メールソフトの設定を変更する際の画面例です。

◆ Header line too long (>128)

メールソフトの差出人(FROM)の設定において、差出人の名前を128文字以内にして下さい。
また、宛先(TO)に指定した相手先の名前が128文字以上の場合、相手先のメールアドレスのみを指定して送信をお試し下さい。
・TOが128文字以上   :BOUNC
・FROMが128文字以上 :BOUNC
・TO+CCが128文字以上 :OK
・TOx2が128文字以上  :OK
・TO+FROMが128文字以上:OK
・Subjectが128文字以上:OK


◆ Imbalanced parentheses or angle brackets

半角括弧「( )」が対象です。全角は括弧はエラーになりません。
半角カッコを対「()」にするか、片方のカッコ「)」のみ記述する場合は、全角にして下さい。

・TOが)の場合  :BOUNC
・CCが)の場合  :BOUNC
・FROMが)の場合 :BOUNC
・BCCが)の場合  :OK
・Subjectが)の場合:OK

※画面では、Outlook2003を例にしています


◆ Header field too long (>1024)

宛先やCCにメーリングリスト以外のアドレスを指定している場合は、宛先に
メーリングリストのアドレスのみを指定して、送信をお試し下さい。




メーリングリスト管理マニュアル