お客様窓口:0120-60-3304


メールの設定 Windows Live メール Ver.2012 / Ver.2011


Windows Liveメール Ver.201xは、Windows Live Essentials に含まれているメールソフト(無料)です。

Windows Essentials 2012 のサポートは、2017年1月10日に終了した為、ダウンロードできなくなりました。
既にインストールされているアプリケーションは、引き続き現在と同じように動作します。
Windows 8 /Windows 7、WindowsVista Service Pack 2のパソコンは、既にインストールされている場合があります。



ここでは、Windows Live メールVer.2011 を例に説明しています。
他バージョンをご利用の場合も、設定は同じですので参考にしてください。



電子メールアカウントの設定 (アカウントの追加)


メールの送受信を行うためには、Infovalleyのメール設定がされたアカウントを追加する必要があります。
※ 既にInfovalleyのアカウントを追加している場合、<◆ メールの設定確認> へ進んで下さい。

  1. Windows Live メールを起動します。

    (デスクトップ画面の左下にある「スタート」-->「すべてのプログラム」-->「Windows Live メール」の順にクリックすると起動します)





  2. <自分の電子メールアカウントを追加する>画面が表示されます。

    次の項目を入力・選択します。
    青字は"御利用情報お知らせ" の用紙をご覧になり、次の情報を正確に入力します。

    (1)電子メールアドレス E-mailアドレス
    (2)パスワード サービス利用パスワード
    (3)表示名 メール送信時の差出人名です
    (下図では例として[Infovalley]としています)
    (4)手動でサーバ設定を構成する チェックを付けます。




    入力ができましたら、【次へ】ボタンをクリックします。

    【 <自分の電子メールアカウントを追加する> 画面が表示されない場合 】

    本画面は、Windows Liveメールを初めて起動した場合に表示されます。
    • 既に設定を行われている場合は、■ 電子メールアカウントの設定確認 へ進み、設定を確認して下さい。

    • 新規にアカウントを追加される場合、Windows Live メールの画面上方にある[アカウント]に切り替えます。
      [電子メール]をクリックしすると、<自分の電子メールアカウントを追加する> 画面が表示ます。






  3. <サーバ設定を構成>画面が表示されます。

    青字は"御利用情報お知らせ" の用紙をご覧になり、次の情報を正確に入力します。

    受信サーバ情報
    (5)サーバの種類 [POP]を選択します
    (6)サーバのアドレス 受信メールサーバ
    (7)次を使用して認証する [クリアテキスト]を選択します
    (8)ログオンユーザ名 サービス利用ID
    送信サーバ情報
    (9)サーバのアドレス 送信メールサーバ
    *"御利用情報のお知らせ"の発行時期によっては、受信用と送信用が「メールサーバ」と統一して記載されています。




    ※セキュリティで保護された接続(SSL)が必要にはチェックを付けないでください。

    入力ができましたら、【次へ】ボタンをクリックします。


  4. <電子メールアカウントが追加されました>画面が表示されます。
    【完了】ボタンをクリックして設定を完了させます。



  5. Windows Live メール起動直後の画面に戻り、電子メールアカウントが作成されていることをご確認ください。





以上で、電子メールアカウントの追加は完了です。
引き続き、◆電子メールアカウントの設定確認 を行って下さい。


<ログオン> の画面が表示された場合

電子メールアカウントの作成と同時に受信が開始されます。
受信開始の際、アカウントの作成時に入力したユーザー名かパスワードの情報が誤っていると、<ログオン> の画面が表示されます。
正しい情報が入力されているか確認・入力のうえ、「OK」ボタンをクリックして下さい。




電子メールアカウントの設定確認

電子メールアカウントの追加をすると、すぐに <アカウント> の画面が開きます。
開かない場合や、設定確認をする場合は、以下の手順で <アカウント> の画面を開いて下さい。

※『Infovalleyご利用情報のお知らせ』の用紙をご覧のうえ、入力を確認して下さい。
  1. Windows Live メール上方メニューのホームの横に表示されている をクリックします。





  2. メニューが表示されるので、[オプション] --> [電子メールアカウント]の順にクリックします。




  3. <アカウント> の画面が表示されます。
    メール配下にあるInfovalleyのアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。




    【 不要なメールアカウントがある場合 】

    誤って登録したメールアカウントがある場合、エラーの原因となりますので「削除」して下さい。
    削除する場合、削除したいアカウントを青く反転させ、「削除」ボタンをクリックします。


  4. [全般] タブの画面が表示されます。
    『Infovalleyご利用情報のお知らせ』の用紙をご覧になり、次の項目を確認します。


    (1) メールアカウント: 任意(アカウントの画面に表示される名前です)
    (2) 名前: 任意(メール送信時の差出人の名前になります。)
       ※下図は例としてInfovalleyと入力しています。
    (3) 電子メールアドレス: E-mailアドレス




  5. [サーバー] タブをクリックして、次の項目を確認します。

    (1) 受信メール(POP3): 受信メールサーバ
    (2) 送信メール(SMTP) 送信メールサーバ
    (3) ユーザー名: サービス利用ID
    (4) パスワード: サービス利用パスワード
    (5) [クリアテキスト認証を使用してログオンする] にチェックを付けます




    他社プロバイダに接続した状態で Infovalley のメールをご利用になる場合、送信メールサーバの設定を変更する必要があります。
    Submission Port 587」をご覧になり、送信メールサーバの設定をご確認下さい。


  6. [詳細設定] タブをクリックします。

    [サーバにメッセージのコピーを置く] のチェックを外します。




    【「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定について】

    はじめからチェックが入っています。
    複数台のパソコンで同じメールを受信する必要がある場合、チェックを付ける事により、同じメールを受信できるようになります。
    コピーを置く場合は、「サーバーから削除する」にチェックを付け、日数を設定してください。

    ※注意※
    メールスプール(標準20Mbyte)一杯にメールのコピーを置いてしまうと、新着メールが届かなくなります。
    メールスプールが一杯の場合は、「サーバーにメッセージのコピーを置く」チェックを外した上で、「送受信」ボタンをクリックしてください。設定を解除した状態で受信操作を行うと、サーバ上からコピーが削除され、新しいメールが届くようになります。



以上で、設定確認は終了です。

「OK」をクリックして、設定画面を閉じます。
また、アカウントの画面も「閉じる」をクリックして閉じます。




メールの送受信

メールの送受信を行うには、インターネットに接続した状態(オンライン中)で実行します。
フレッツ接続、小谷村CATV接続で、ブロードバンドルータを使用してない場合、インターネットオプションの [接続] タブで、Infovalley接続アイコンが設定されているかご確認ください。

◆メールの作成・送信

初めて設定をした場合、自分宛にテストメールを送信し、受信ができるかお試し下さい。
  1. Windows Live メールの上方メニューを[ホーム]に切り替え、[電子メールメッセージ]をクリックします。




  2. メッセージの作成画面が開きます。

    正常に送受信ができるか、自分自身にテストメールを送信をしてみましょう。

    • 宛先: 自分の "E-mailアドレス"
    • 件名: テスト
    • 本文: テストメールです




    入力を終えたら、「送信」ボタンをクリックします。
    そうすると、メールがインターネット上に送信され、Windows Live メール起動時の画面に戻ります。

    ※1. 送信されたメールは、[送信済みアイテム] フォルダに保存されます。
    ※2. 送信できずにエラーメッセージが表示される場合は、メールの設定確認 をご覧のうえ設定を見直して下さい。
    なお、送信できなかったメールは、[送信メール] フォルダから削除して下さい。


  3. メールが送信されると、元の画面に戻ります。


◆メールの受信


  1. Windows Live メールの上方メニューより [送受信] をクリックします。




  2. 正常に受信ができると、[受信トレイ] の中にメールが入ります。
    [受信トレイ] をクリックし、受信したメールをご確認下さい。




    【 プレビューウインドウの表示について 】

    初期設定では、上図のように、「メッセージ一覧の下側」にメッセージが表示されます。

    プレビューウインドウの表示を変更したい場合は、Windows Live メールのメニューバーより、[表示]を選択し --> [レイアウト] をクリックします。


    • メールをプレビューしただけで感染するウイルスを予防したい場合、
      [オフ] を選択します。



以上で、メールの送受信は終了です。


【注意】
いつまで経ってもテストメールが届かない場合は、宛先を確認のうえ、再度送信をお試し下さい。
エラーメッセージ等が表示される場合は、メールの設定確認をし、送受信をお試し下さい。




使用する際の留意点

メール送信の形式

Windows Live メールには、HTML形式とテキスト形式の2種類のメール送信形式があります。

HTML形式とは、ホームページのような表現豊かなメールを送ることができますが、メールを送信した相手先のメールソフトがHTML形式に対応していないと、次のようなことが起こります。

  • 文字化けしてメールの内容を正常に読むことができない。
  • メール本文の前後に、文字の羅列(HTMLタグ)が付属する。

メールの送信形式は、テキスト形式にする事をお勧め致します。
設定は次のようになります。

  1. Windows Live メールのメニューバーから、[] ---> [オプション] --->[メール] をクリックします。



  2. オプション画面より、[送信] タブをクリックします。
    メール送信の形式にて、「テキスト形式」にチェックを付けます。




  3. 「OK」をクリックし、画面を閉じます。



<ログオン> の画面が開く場合

メール受信時に、<ログオン> の画面が開いた場合、ユーザー名かパスワードに設定した情報が誤っている可能性があります。



「Infovalleyご利用情報のお知らせ」の用紙をご覧なり、以下の情報を確認・入力し直して下さい。
  • サーバー : 受信メールサーバ
  • ユーザー名: サービス利用ID
  • パスワード : サービス利用パスワード

「OK」ボタンをクリックし、受信が始まるかお試し下さい。




サインインについて

■「サインイン」で入力する情報

Windows Live メールの画面右上に【サインイン】という文字があります。





サインインする際に求められるユーザ名・パスワード(Windows Live ID)は、Infovalleyで提供しているユーザ名・パスワードとは異なりますのでご留意下さい。
※Windows Live IDは、2012年7月20日をもちまして「Microsoft アカウント」としてサービス名称を統一しております


【 サイインインの画面が開く場合 】

お使いのパソコンに、Windows Messenger がインストールされている場合、 Windows Liveメール起動時に <サインイン> の画面が開く事があります。

Infovalleyのメールを送受信する際は、サインインする必要はありません。
Windows Live ID をお持ちでない場合、<サインイン> の画面は「キャンセル」して下さい。






【ご注意】アカウントの削除について

Windows Live メールはアカウントを削除すると、受信トレイや送信済みアイテムがすべて削除されます

アカウント削除して、受信したメールや、送信したメールデータだけを残したい場合()は、以下の手順で「保存フォルダー」メールデータを移動させた上で、アカウントの削除を実施してください。
※例えば、アカウントの作成し直しを行う際 など


  • アカウント削除の際にメールデータを残す方法


    1. 残したいメールデータが入っているフォルダを選択します。
      ※今回は例として、受信トレイの中のデータを移動させます。





    2. 受信トレイ内のメールデータが表示されます。
      以下の順番でフォルダ内のメールをすべて選択します。

      1. 受信トレイにある適当なメールを選択します。(何でも良いです。)
      2. キーボードの【Ctrl】キーを押しながら、【A】キーを押します。
      3. 受信トレイの中のメールデータをすべて選択することができます。

      受信トレイ内の適当なメールをクリックします。




    3. 選択されたメールの上にマウスのポインタを合わせ右クリックします。
      メニューが表示されるので、[ フォルダーへ移動 ]を選択します。




    4. 移動画面が表示されます。
      [保存フォルダー]を選択して、『フォルダーの作成』をクリックします。





    5. フォルダー名を入力する画面が表示されます。
      名前を任意で入力し、OKボタンをクリックします。

      ここでは例として、「旧受信フォルダ」としています。



    6. 移動画面に戻り、保存フォルダー配下に作成したフォルダが表示されます。
      作成したフォルダを選択した状態で、OKボタンをクリックします。





    7. 保存フォルダーの中にある作成したフォルダを選択して、メールデータが入っていることを確認してください。




    以上の手順で、メールデータを保存フォルダーに移動させることができます。
    送信済みアイテム等のメールデータも必要な場合は、同じ手順にて、メールデータを保存フォルダーへ移動させてください。