お客様窓口:0120-60-3304



メールの設定 Windows Live メール ver.2009

はじめに


Windows Live メールは、Outlook Expressの後継版となる、マイクロソフトが提供している無料のメールソフトです。

Windows Live メールはMicrosoft のサイトから入手する事ができます。

  ※ 対応OSは、Windows7/ Vista/ XP/ になります。
  ※ Windows7搭載のパソコンは、最初からインストールされている場合があります。

【もくじ】
  1. Windows Live メールのインストール
  2. メールの設定 (アカウントの追加)
  3. メールの設定確認
  4. メールの送受信
  5. 【ご注意】アカウントの削除について


【使用する際の留意点 】
設定を行う際には、『Infovalleyご利用情報のお知らせ』を用意して下さい。
設定の各入力項目は、半角英数の直接入力で行って下さい。



Windows Live メールをインストールする


Windows Live メールがインストールされていない場合、以下の手順で作業を進めて下さい。
既にインストールされている場合は、メールの設定 (アカウントの追加) に進んで下さい。


  1. 以下のマイクロソフトのページを開きます。
    ページにある「今すぐダウンロード」をクリックし、Windows Live メールをダウンロードします。

    <Windows Live on MSN>
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/essentials



  2. ダウンロードしたファイル(wlsetup-web.exe)を「実行」します。

    Windows Live メールのインストール、及びご利用は、お客様の責任のもとでインストールして下さい。
    ダウンロード方法がご不明な場合は、お使いのパソコンのメーカサポートまでお問合わせ下さい。



    【 Windows 7/ Vista をご利用の場合 】

    <ユーザーアカウント制御>の画面が表示された場合、 「はい」をクリックするとインストールが開始されます。




  3. インストールの準備が開始します。




  4. 続いてインストールする製品を選択する画面になります。
    ここでは、メール機能のみインストールします。

    [メール] だけチェックを入れ、その他チェックは全て外します。
    「インストール」をクリックします。





    【 既にWindows Live メールがインストールされている場合 】

    お使いのパソコンに、Windows Live メールがインストールされている場合、「このプログラムは既にインストールされています」と表示されます。

    この画面が表示された場合は、インストールの手順は必要はありません。「キャンセル」をクリックして、作業を終了して下さい。

    ◆ メールの設定 (アカウントの追加) に進んで下さい。




  5. インストールが開始されます。




    【 これらのプログラムを閉じて下さい 】

    他のプログラムが開いている時は、警告画面が表示されます。

    その場合は、下方にある、[実行中のすべてのプログラムを無視する] を選択し、「続行」をクリックします。




  6. インストールが終わると、設定を選択する項目になります。
    以下の 赤枠 部分は、はじめからチェックがついており、 Internet Explorer で最初に開くページを <MSN> に設定します。

    ここでは、全てのチェックを外し、「続行」をクリックします。





  7. <Windows Live へようこそ!> の画面が表示されますので、「閉じる」をクリックします。




以上で、インストールは完了です。




メールの設定 (アカウントの追加)

メールの送受信を行うためには、Infovalleyのメール設定がされたアカウントを追加する必要があります。
※ 既にInfovalleyのアカウントを追加している場合、<◆ メールの設定確認> へ進んで下さい。


  1. Windows Live メールを起動します。

    デスクトップ画面より、
    [スタート] --> [すべてのプログラム] --> [Windows Live] --> [Windows Live メール] の順にクリックします。



    【 <電子メールアカウントを追加する>画面が表示された場合 】

    Windows Liveメールを初めて起動した場合、アドレス等の入力欄のある <電子メールアカウントを追加する> 画面 が開きます。
    <電子メールアカウントを追加する> まで進み、設定を行って下さい。


  2. Windows Live メールの画面に、メニューバーを表示させます。
    右上にある 「メニュー」ボタンをクリックし、[メニューバーの表示] をクリックして下さい。




  3. メニューバーから、[ツール] --> [アカウント] をクリックします。




  4. アカウントの画面が表示されます。
    「追加」 をクリックします。




  5. アカウントの追加の画面が表示されます。
    [電子メールアカウント] を選択し、「次へ」をクリックします。




  6. 電子メールアカウントを設定する画面が表示されます。
    『Infovalley ご利用情報のお知らせ』の用紙に記載されている情報を入力し、「次へ」をクリックします。

    (1) 電子メールアドレス: E-mailアドレス
    (2) パスワード: サービス利用パスワード
    (3) 表示名: 任意(お客様のお名前等)
    (4) 電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する: チェックを付けます





  7. 引き続き、電子メールアカウントを設定する画面が表示されます。
    『Infovalley ご利用情報のお知らせ』の用紙に記載されている情報を入力し、「次へ」をクリックします。

    (5) 受信サーバー: 受信メールサーバ
    (6) ログインID: サービス利用ID(自動的に入力されているため、情報が正しいか確認します)
    (7) 送信サーバー: 送信メールサーバ



    【受信メールサーバと送信メールサーバについて】

    『Infovalleyご利用情報のお知らせ』の用紙によっては、「メールサーバ」という項目で記載されています。
    「メールサーバ」の情報を、[受信サーバ] [送信サーバ] の欄に入力して下さい。



  8. 情報を入力すると、完了の画面が表示されます。
    完了」をクリックします。




  9. アカウントの画面に戻ります。
    メールのアカウントが追加されている事を確認し、「閉じる」をクリックします。


以上で、アカウントの追加は完了です。
◆メールの送受信 をお試し下さい。




メールの設定確認

メールの送受信時にエラーが表示される場合、設定が正しくされているか確認します。
『Infovalleyご利用情報のお知らせ』の用紙をご覧のうえ、入力を確認して下さい。
  1. メニューバーから、[ツール] --> [アカウント] をクリックします。




  2. アカウントの画面が表示されます。
    メール配下にあるInfovalleyのアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。



    【 不要なメールアカウントがある場合 】

    誤って登録したメールアカウントがある場合、エラーの原因となりますので「削除」して下さい。



  3. [全般] タブの画面が表示されます。
    『Infovalleyご利用情報のお知らせ』の用紙をご覧になり、次の項目を確認します。

    (1) メールアカウント: 任意(アカウントの画面に表示される名前です)
    (2) 名前: 任意(メール送信時の差出人の名前になります)
    (3) 電子メールアドレス: E-mailアドレス




  4. [サーバー] タブをクリックして、次の項目を確認します。

    (1) 受信メール(POP3): 受信メールサーバ
    (2) 送信メール(SMTP) 送信メールサーバ
    (3) ユーザー名: サービス利用ID
    (4) パスワード: サービス利用パスワード
    (5) [クリアテキスト認証を使用してログオンする] にチェックを付けます




  5. [接続] タブをクリックし、接続の関連付けを確認します。

    有線DSL接続、ブロードバンドルータをご利用の場合:
    [このアカウントには次の接続を使用する] のチェックを外します。

    手動でインターネットに接続している場合:
    [このアカウントには次の接続を使用する] にチェックを付け、Infovalleyの接続アイコン名を選択します。




  6. [詳細設定] タブをクリックします。

    [サーバにメッセージのコピーを置く] のチェックを外します。



    【サーバにメッセージのコピーを置く】

    はじめからチェックが入っています。
    複数台のパソコンで同じメールを受信する必要がある場合、チェックを付ける事により、同じメールを受信できるようになります。
    しかし、メールスプール一杯にメールのコピーを置いてしまうと、新着メールが届かなくなります。
    定期的に(1ヶ月に1度など)チェックを外した上で、「同期」ボタンをクリックし、メールの受信を行って下さい。




以上で、設定確認は終了です。

「OK」をクリックして、設定画面を閉じます。
また、アカウントの画面も「閉じる」をクリックして閉じます。


他社プロバイダに接続した状態で Infovalley のメールをご利用になる場合、送信メールサーバの設定を変更する必要があります。
引き続き「Submission Port 587」をご覧になり、送信メールサーバの設定をご確認下さい。



メールの送受信

メールの送受信を行うには、インターネットに接続した状態(オンライン中)で実行します。

  1. Windows Live メールのツールバーから、「新規作成」をクリックします。




  2. メッセージの作成画面が開きます。

    正常に送受信ができるか、自分自身にテストメールを送信をしてみましょう。

    • 宛先: 自分の "E-mailアドレス"
    • 件名: テスト
    • 本文: テストメールです




    入力を終えたら、「送信」ボタンをクリックします。
    そうすると、メールがインターネット上に送信され、Windows Live メール起動時の画面に戻ります。

    ※1. 送信されたメールは、[送信済みアイテム] フォルダに保存されます。
    ※2. 送信できずにエラーメッセージが表示される場合は、メールの設定確認 をご覧のうえ設定を見直して下さい。
    なお、送信できなかったメールは、[送信メール] フォルダから削除して下さい。


  3. メールが送信されると、元の画面に戻ります。
    Windows Live メールの上方メニューより  をクリックします。


  4. 正常に受信ができると、[受信トレイ] の中にメールが入ります。
    [受信トレイ] をクリックし、受信したメールをご確認下さい。




    【 プレビューウインドウの表示について 】

    初期設定では、上図のように、「メッセージ一覧の右側」にメッセージが表示されます。

    プレビューウインドウの表示を変更したい場合は、メニューバーより、[表示] --> [レイアウト] をクリックします。


    • メールをプレビューしただけで感染するウイルスを予防したい場合、
      [プレビューウィンドウを表示する] のチェックを外します。



以上で、メールの送受信は終了です。


【注意】
いつまで経ってもテストメールが届かない場合は、宛先を確認のうえ、再度送信をお試し下さい。
エラーメッセージ等が表示される場合は、メールの設定確認をし、送受信をお試し下さい。




使用する際の留意点

メール送信の形式

Windows Live メールには、HTML形式とテキスト形式の2種類のメール送信形式があります。

HTML形式とは、ホームページのような表現豊かなメールを送ることができますが、メールを送信した相手先のメールソフトがHTML形式に対応していないと、次のようなことが起こります。

  • 文字化けしてメールの内容を正常に読むことができない。
  • メール本文の前後に、文字の羅列(HTMLタグ)が付属する。

メールの送信形式は、テキスト形式にする事をお勧め致します。
設定は次のようになります。

  1. Windowsメールのメニューバーから、[ツール] ---> [オプション] をクリックします。

  2. オプション画面より、[送信] タブをクリックします。
    メール送信の形式にて、「テキスト形式」にチェックを付けます。


  3. 「OK」をクリックし、画面を閉じます。



<ログオン> の画面が開く場合

メール受信時に、<ログオン> の画面が開いた場合、ユーザー名かパスワードに設定した情報が誤っている可能性があります。



「Infovalleyご利用情報のお知らせ」の用紙をご覧なり、以下の情報を確認・入力し直して下さい。
  • サーバー : 受信メールサーバ
  • ユーザー名: サービス利用ID
  • パスワード : サービス利用パスワード

「OK」ボタンをクリックし、受信が始まるかお試し下さい。




サインインについて

■「サインイン」で入力する情報

Windows Live メールの画面右上に【サインイン】という文字があります。



サインインする際に求められるユーザ名・パスワード(Windows Live ID)は、Infovalleyで提供しているユーザ名・パスワードとは異なりますのでご留意下さい。

【 サイインインの画面が開く場合 】

お使いのパソコンに、Windows Messenger がインストールされている場合、
Windows Liveメール起動時に <サインイン> の画面が開く事があります。

Infovalleyのメールを送受信する際は、サインインする必要はありません。
Windows Live ID をお持ちでない場合、<サインイン> の画面は「キャンセル」して下さい。




【ご注意】アカウントの削除について

Windows Live メールはアカウントを削除すると、受信トレイや送信済みアイテムがすべて削除されます

アカウント削除して、受信したメールや、送信したメールデータだけを残したい場合()は、以下のページの手順で「保存フォルダー」メールデータを移動させた上で、アカウントの削除を実施してください。
※例えば、アカウントの作成し直しを行う際 など


メールの設定 Windows Live メール Ver. 201x
【アカウント削除の際にメールデータを残す方法】