お客様窓口:0120-60-3304


メールの設定 Microsoft Outlook2019

設定を行う際には、『Infovalley御利用情報のお知らせ』を用意してください。

◆新規メールアカウントの作成

  1. Outlook  2019を起動します。
    初めて起動すると、<Outlook へようこそ> の画面が表示されます。


    Outlook> と画面に表示される場合はここをクリック
    ※最初に表示される画面が下記の場合、コンピュータには
    Office365 に付属している Outlook がインストールされています。

    この場合の設定方法は、こちら をご覧ください。
    既にアカウントがある場合、上記の画面は表示されません。

    アカウントを追加したい場合は、画面左上「ファイル」→「新規アカウント追加」を選択してください
  2. 『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧いただき、以下の設定を行います。

    (1)E-mailアドレスを入力します。
    (2)[詳細オプション]をクリックします。
    (3)[自分で自分のアカウントを手動で設定]にチェックを付けます。
    (4)「接続」をクリックします。


    「XXX@valley.ne.jp」を追加しています」と 数秒間 表示されます。


  3. <アカウントの種類を選択> 画面が表示されます。

    [POP]をクリックします。



  4. <POPアカウントの設定> 画面が表示されます。

    (1)受信メールサーバを確認します(※1)
      ウイルスチェックサービスをご利用の場合は、サーバ名を変更します。
    ※1:
    Infovalley御利用情報のお知らせ』に記載されている「受信メールサーバ」と同じ記載である事を確認してください。
    『御利用情報のお知らせ』の発行時期によっては、受信用と送信用が「メールサーバ」と統一して記載されています。
     
    (2)「次へ」をクリックします。



  5. パスワード入力画面が表示されます。

    (1) 「サービス利用パスワード」を入力 します。
    (2)「接続」をクリックします。



  6. [準備しています]と表示されます。

    画面が変わるまで、そのままお待ちください。


  7. [インターネット電子メール]画面が表示されます。(受信メールサーバに対する設定確認です)

    (1)サーバ名を確認します。
    (『Infovalley御利用情報のお知らせ』の「受信メールサーバ」と一致している事を確認します)
    (2)ユーザ名から「@valley.ne.jp」部分を削除します。
      ユーザ名がサービス利用IDのみになっている事を確認します。
    (3)「OK」ボタンをクリックします。


    入力・表示内容 詳細
    ◆インターネット電子メール(受信)
    サーバー 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    受信メールサーバ
    ユーザー名 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用ID
    パスワード 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード
    (最初から***で入力されています)

    「問題が発生しました」が表示された場合
    ●「受信(POP)サーバに接続できませんでした」の場合は、「再試行」をクリックしてください。

    ●「受信(POP)サーバが見つかりませんでした」の場合は、「アカウント種類の変更」をクリックしてください。
    再度、アカウントの種類から手順を実施し、サーバ名を確認してください。


    ●「受信(POP)サーバにログオンできませんでした」の場合は、「アカウント種類の変更」を
    クリックしてください。
    再度、アカウントの種類から手順を実施し、以下を確認します。

  8. 再度、[インターネット電子メール]画面が表示されます。(二度目は、送信メールサーバに対する設定確認です)

    (1)サーバが、sfmx.valley.ne.jp である事を確認します
    (2)ユーザ名を、E-mail アドレス に変更します
    (3)「OK」ボタンをクリックします


    入力・表示内容 詳細
    インターネット電子メール(送信)
    サーバー sfmx.valley.ne.jp
    ユーザー名 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    E-mailアドレス
    入力例)xxxx@valley.ne.jp
    パスワード 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード
    (最初から***で入力されています)
    パスワードをパスワード一覧に保存する チェックあり
     ※『御利用情報のお知らせ』に記載されているとおり、半角英数の直接入力で、大文字・小文字を正確に入力してください。
     ユーザー名、パスワードが正しく入力されていない場合、この認証画面が何度も表示されます。

  9. <アカウントのセットアップが完了しました> と表示されます。

    (1)[Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する]のチェックを外します。
    (2)「OK」をクリックします。


    チェックを外さずに次の画面に進み、スマートフォン用設定画面が表示された場合、
    右上の[×]ボタンで閉じてください。

    アカウントのセットアップは完了しましたが、送受信の設定は完了しておりません。
    引き続き、下記の設定を実施してください。

  10. <受信トレイ>が表示され、再度、[インターネット電子メール]画面が表示されます。

    「キャンセル」をクリックします

  11. <受信トレイ>が表示されます。

    画面左上の[ファイル]をクリックします。


  12. <アカウント情報>の画面が開きます

    (1)アカウント設定をクリックします。
    (2)続けて、「プロファイル管理(O)」をクリックします。


  13. <ユーザアカウント制御>画面が開いた場合、「はい」を選択します。

    (開かない場合は、そのまま手順をすすめてください)


  14. <メール設定>画面が開きます。

    「電子メールアカウント(E)」をクリックします。


  15. <アカウント設定>画面が開きます。

    (1)追加した電子メールアカウントを一度クリックします。(文字の背景が青い色になります)
    (2)「変更(A)」を選択します。


  16. <POPとIMAPのアカウント設定>画面が開きます。

    (1)名前を編集します
    (2)アカウント名が「サーバ利用ID」になっている事を確認します。
      (メールアドレスxxxx@yyyy.zz の形式で表示されている場合は修正が必要です)
    (3)「詳細設定(M)」をクリックします


    入力・表示内容 詳細
    ユーザ情報 
    名前(Y) 任意
    (メールの送付元として表示される内容です)
    電子メールアドレス(E) 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    E-Mailアドレス
    サーバー情報 
    受信メールサーバー(POP) 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    受信メールサーバ
    送信メールサーバー(SMTP) sfmx.valley.ne.jp
    メールサーバへのログオン情報 
    アカウント名 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用ID
      
    パスワード 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード

      パスワードを保存する  チェックあり
    メールサーバがセキュリティで保護されたパスワード.....(略) チェックなし 

  17. <インターネット電子メール設定>画面が表示されます。

    (1)「送信サーバ」をクリックします。


    「送信サーバ」タブの画面が開きます。

    (1)「次のアカウントとパスワードでログオンする」を選択します。
    (2)アカウント名にメールアドレスを入力します。
    (3)パスワードを入力します。
    (4)「パスワードを保存する」にチェックをつけます。
    (5)「OK」をクリックします。


    入力・表示内容 詳細
    ◆送信サーバー
    送信(SMTP)サーバには認証が必要  チェックあり 
    次のアカウントとパスワードでログオンする 選択する
    アカウント名  『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
      Emailアドレス
    (●●●@xxxx.yy.zzといった形式)
    パスワー ド 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード 
    パスワードを保存する チェックあり

  18. <POPとIMAPのアカウント設定>画面に戻ります。

    「次へ」をクリックします。



  19. テストアカウント設定画面が開きます。

    状況が全て「完了」になったら、「閉じる」をクリックします。

    受信メールサーバ(POP3)へのログオンに「失敗」した場合
    (1)エラー内容を確認します。
    (2)「閉じる」をクリックします。


    (3)サーバ名、ユーザ名、パスワードを確認します。

    設定内容詳細は、手順15<POPとIMAPのアカウント設定>の内容を確認してください。


    テスト電子メールメッセージの送信に「失敗」した場合
    (1)エラー内容を確認します。
    (2)「閉じる」をクリックします。


    (3)「詳細設定」をクリックします。
    設定内容は、手順16<インターネット電子メール設定>の内容を確認してください。



  20. 「アカウントの変更」画面が表示されます。
    「完了」ボタンをクリックしてください。


  21. <アカウント設定>の画面に戻ります。

    「閉じる」ボタンをクリックします。

  22. <メール設定>画面に戻ります
    「閉じる」をクリックします。


  23. 受信トレイが表示されます。

    テストメッセージが表示されている事を確認してください。


    これでアカウントの新規追加 及び 送受信設定は完了です。





◆メールアカウントの設定確認


新規にアカウントを作成した後、追加したアカウントに詳細設定をする必要があります。
また、メール設定を確認・変更する場合も、以下の手順で行います。

  1. Office365版 Outlook2016 の画面より、[ファイル]をクリックします。



  2. <アカウント情報> 画面が表示されます。

    (1)[アカウント設定]をクリックします。
    (2)表示されたメニューから再度[アカウント設定(A)]を選択します。


  3. <ユーザアカウント制御>画面が開いた場合、「はい」を選択します。
    (開かない場合は、そのまま手順をすすめてください)


  4. <メール設定>画面が開きます。

    「電子メールアカウント(E)」をクリックします。


  5. <電子メール アカウント> 画面が表示されます。

    (1)確認対象のアカウントを選択します(選択することで、青く反転します)
    (2)「変更(A)」をクリックします。


  6. <POPとIMAPのアカウント設定>画面が開きます。

    (1)情報を確認します。
    (2)「詳細設定(M)」をクリックします


    入力・表示内容 詳細
    ユーザ情報 
    名前(Y) 任意
    (メールの送付元として表示される内容です)
    電子メールアドレス(E) 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    E-Mailアドレス
    サーバー情報 
    受信メールサーバー(POP) 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    受信メールサーバ
    送信メールサーバー(SMTP) sfmx.valley.ne.jp
    メールサーバへのログオン情報 
    アカウント名 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用ID 
    パスワード 『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード 
      パスワードを保存する  チェックあり
    メールサーバがセキュリティで保護されたパスワード.....(略) チェックなし 

  7. <インターネット電子メール設定>画面が表示されます。

    「送信サーバ」をクリックします。


  8. 「送信サーバ」のタブ画面が開きます。

    (1)「次のアカウントとパスワードでログオンする」を選択します
    (2)アカウント名にメールアドレスを入力します。
    (3)パスワードを入力します
    (4)「パスワードを保存する」にチェックをつけます。

    入力・表示内容 詳細
      ◆送信サーバー
    送信(SMTP)サーバには認証が必要   チェックあり 
     次のアカウントとパスワードでログオンする  選択する 
     アカウント名  『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
      Emailアドレス
     パスワード  『Infovalley御利用情報のお知らせ』の項目
    サービス利用パスワード 
     パスワードを保存する  チェックあり 

  9. (1)「詳細設定」をクリックします。
    (2)設定内容を確認します。
    (3)「OK」をクリックします。

    入力・表示内容 詳細
    サーバのポート番号
     受信サーバー(POP3)  110
      このサーバでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要    チェックなし
    送信サーバー(SMTP)  587
      使用する暗号化接続の種類(C)  なし
    配信
    サーバにメッセージのコピーを残す 任意
    (チェックなしを推奨)
    ※複数台のパソコンから、同じメールアドレスを送受信する場合は、チェックを付けたままにしておきます。
    「サーバから削除するXX日後」と「削除済みアイテムから削除されたら、サーバから削除」にもチェックを付けてください。
    「サーバから削除するXX日後」に設定する数字は、3日〜7日(1週間以内)を推奨します。

  10. <POPとIMAPのアカウント設定>画面に戻ります。

    (1)「次へ」をクリックします。


  11. テストアカウント設定画面が開きます。

    状況が全て「完了」になったら、「閉じる」をクリックします。


  12. 「アカウントの変更」画面が表示されます。

    「完了」ボタンをクリックしてください。


  13. <アカウント設定>の画面に戻ります。

    「閉じる」ボタンをクリックします。


  14. <メール設定>画面に戻ります
    「閉じる」をクリックします。


  15. 受信トレイが表示されます。

    テストメッセージが表示されている事を確認してください。



以上で、Outlook2019 の 設定確認は、完了です。




◆メールをサーバに残さない設定


受信済メールをサーバに残したままにすると、メールスプール容量を圧迫し、新着メールを受け取ることができない事態を招きます。
初期設定では、「受信済メールのコピーデータをサーバに残す」という設定になっており、複数のパソコンで、同じメールアドレスを共有している場合や、出先などで、WebMailを使用してメールを読む事ができます。
1台のパソコンのみでメール送受信する場合は、「受信済メールをサーバに残さない」設定にしていただく頂くことをお勧めします。下記は、その操作方法です。

  1. Outlook2019 の画面より、[ファイル]をクリックします。



  2. <アカウント情報> 画面が表示されます。

    [アカウント設定]をクリックし、表示されたメニューから再度[アカウント設定]を選択します。


  3. <電子メール アカウント> 画面が表示されます。

    (1)確認対象のアカウントを選択します(選択することで、青く反転します)
    (2)「変更(A)」をクリックします。


  4. <POP のアカウント設定> 画面が表示されます。

    [詳細設定]をクリックします


  5. <インターネット電子メール設定>画面が開きます。

    (1) 「詳細設定」タブをクリックします。
    (2)「サーバにメッセージのコピーを残す」のチェックをはずします(※)
    (3)「OK」ボタンをクリックします。


    ※複数台のパソコンで同じメールアドレスを設定し、送受信する場合は、チェックを付けておきます。
    「サーバから削除するXX日後」と「削除済みアイテムから削除されたら、サーバから削除」にもチェックを付けてください。
    「サーバから削除するXX日後」に設定する数字は、3日〜7日(1週間以内)を推奨します。

  6. <POPとIMAPのアカウント設定>画面に戻ります。

    (1)「次へ」をクリックします。


  7. テストアカウント設定画面が開きます。

    状況が全て「完了」になったら、「閉じる」をクリックします。


  8. 「アカウントの変更」画面が表示されます。

    「完了」ボタンをクリックしてください。

  9. <電子メール アカウント> 画面が表示されます。

    「閉じる」ボタンをクリックします。


  10. <メール設定>画面に戻ります

    「閉じる」をクリックします。


  11. アカウント情報の画面が表示されます。
    (1)画面左上の「←」をクリックします



  12. 受信トレイが表示されます。

    (1)「送受信」をクリックします
    (2)「すべてのフォルダーを送受信」をクリックします。



    以上で、メールをサーバに残さない設定は終了です。