お客様窓口:0120-60-3304


メールの設定 Microsoft Office365版 Outlook2016

Office365版 Outlook2016 は、Microsoft Office365版 に付属したメールソフトです。
ここでは、既に Office365版 Outlook2016 がインストールされている事を前提に説明しています。

※Microsoft Office2016付属の Outlook2016 をご利用の場合、<Outlook 2016 へようこそ> の画面が表示されます。その場合、こちら をご覧ください。

設定を行う際には、『Infovalley御利用情報のお知らせ』を用意してください。
設定の各入力項目は、半角英数の直接入力で行ってください。

◆電子メールアカウントの追加

初めて Office365版 Outlook2016 を起動したときや、ご利用中のアカウントに対して、別のメールアドレス設定を新規に追加する時に行います。

  1. Office365版 Outlook 2016 を起動します。
    初めて起動すると、<Outlook へようこそ> の画面が表示されます。



    既にアカウントがある場合、上記の画面は表示されません。
    追加したアカウントの設定を確認する場合は、「◆ 電子メールアカウントの設定確認」をご覧ください。


  2. 『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、以下の設定を行います。

    E-mailアドレスを入力し、[詳細オプション]をクリックします。
    [自分で自分のアカウントを手動で設定]のチェックボックスが表示されますので、チェックを付けます。
    「接続」をクリックします。




  3. [準備しています]と表示されます。
    画面が変わるまで、そのままお待ちください。




  4. <アカウントの種類を選択> 画面が表示されます。
    [POP]をクリックします。




  5. <POPアカウントの設定> 画面が表示されます。
    『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、各項目を設定・確認し「接続」をクリックします。



    受信メール
    サーバー 受信メールサーバ(※1) ポート 110
    このサーバでーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックしない
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない
    送信メール
    サーバー sfmx.valley.ne.jp(※2) ポート 587
    暗号化方式 [なし] を選択
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない

    ※1 『御利用情報のお知らせ』の発行時期によっては、受信用と送信用が「メールサーバ」と統一して記載されています。
    ※2 Office365版 Outlook2016 のウィザードは、SMTP Auth(認証設定)を前提としているため、他社プロバイダ経由でInfovalleyのメールをご利用になる「サブミッションポートのご利用方法」で案内している 送信サーバ「sfmx.valley.ne.jp」を設定していただく必要があります。 (『Infovalley御利用情報のお知らせ』に記載の送信メールサーバは、認証設定が不要の25番ポートのためウィザードを完了することができません。)
    <POPアカウントの設定> の横に表示されているメールアドレスに誤りがある場合、[別のユーザ]をクリックし、<Outlook へようこそ> の画面からやり直してください。


  6. [インターネット電子メール]画面が表示されます。
    『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、各項目を設定・確認します。



    インターネット電子メール(受信)
    サーバー 受信メールサーバ が表示されているかご確認ください。
    ユーザー名 サービス利用ID
    パスワード サービス利用パスワード
    パスワードをパスワード一覧に保存する チェックする

    ※1 上記、受信メールサーバーの画面が開く前に、メールアドレスのパスワードを求める画面が開く場合があります。
    その場合は、「サービス利用パスワード」を入力してください。
    ※2 各サーバーに対するユーザー名、パスワードが正しく入力されないと、認証画面は何度も表示されます。
    『御利用情報のお知らせ』に記載されているとおり、半角英数の直接入力で、大文字・小文字を正確に入力してください。


  7. [インターネット電子メール]画面が表示されます。
    『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、各項目を設定・確認します。



    インターネット電子メール(送信)
    サーバー sfmx.valley.ne.jp が表示されているかご確認ください。
    ユーザー名 E-mailアドレス
    パスワード サービス利用パスワード(最初から***で入ってます)
    パスワードをパスワード一覧に保存する チェックする

    ユーザー名、パスワードが正しく入力されないと、この画面は何度も表示されます。
    『御利用情報のお知らせ』に記載されているとおり、半角英数の直接入力で、大文字・小文字を正確に入力してください。


  8. <アカウントのセットアップが完了しました> と表示されます。
    [Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する]のチェックを外してから、「OK」をクリックします。



    チェックを外し忘れてスマートフォン用設定画面が表示された場合、右上の[×]ボタンで閉じてください。

以上で電子メールアカウントの追加は終了です。

引き続き、以下の「◆電子メールアカウントの設定確認」をご覧になり、設定確認をしてください。


◆電子メールアカウントの設定確認

新規にアカウントを作成した後、追加したアカウントの設定確認をする必要があります。
また、メール設定を確認・変更する場合も、以下の手順で行います。

  1. Office365版 Outlook2016 の画面より、[ファイル]をクリックします。




  2. <アカウント情報> 画面が表示されます。
    [アカウント設定]をクリックし、表示されたメニューから再度[アカウント設定]を選択します。




  3. <電子メール アカウント> 画面が表示されます。
    [メール]タブを選択し、枠内にあるアカウントを選択後(選択することで、青く反転します)、「変更」をクリックします。



    【不要なアカウントが設定されている場合、削除できます】
    正しいアカウントを削除されないよう、お客様の責任のもと、実施してください。
    1. 削除したいアカウントを選択し、[削除(M)] をクリックします。
    2. [データファイル] をクリックし、1. で削除したアカウントと同じ名前のデータを選択し、、[削除(M)] をクリックします。
    3. Outlook の画面左側から、該当アカウントの受信トレイ等のフォルダが削除されます。

    【複数のメールアドレスをお持ちの場合、アカウントを追加できます】
    [新規(N)] をクリックします。
    <Outlookへようこそ> の画面が表示されます。「◆電子メールアカウントの追加」をご覧になり、設定ください。


  4. <POP とIMAP のアカウント設定> 画面が表示されます。
    『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、各項目を設定・確認し、[詳細設定]をクリックします。



    ユーザー情報
    名前 ご自分のお名前
    電子メールアドレス E-mailアドレス
    サーバー情報
    アカウントの種類 POP3
    受信メールサーバー 受信メールサーバ
    送信メールサーバー(SMTP) sfmx.valley.ne.jp (※)
    メールサーバへのログオン情報
    アカウント名 サービス利用ID
    パスワード サービス利用パスワード
    パスワードを保存する チェックを入れます
    Office365版 Outlook2016 のウィザードは、SMTP Auth(認証設定)を前提としているため、他社プロバイダ経由でInfovalleyのメールをご利用になる「サブミッションポートのご利用方法」で案内している 送信サーバ「sfmx.valley.ne.jp」を設定していただく必要があります。 (『Infovalley御利用情報のお知らせ』に記載の送信メールサーバは、認証設定が不要の25番ポートになります。)


  5. <インターネット電子メール設定> 画面が表示されます。
    [送信サーバー]タブをクリックします。




  6. <送信サーバー> 画面が表示されます。
    『Infovalley御利用情報のお知らせ』をご覧になり、各項目を設定します。



    送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックする
    次のアカウントとパスワードでログオンする チェックする
    アカウント名 E-mailアドレス
    パスワード サービス利用パスワード
    パスワードを保存する チェックする
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応 チェックしない


  7. [詳細設定]タブをクリックします。
    各項目を設定し、「OK」をクリックします。



    サーバーのポート番号
    受信サーバー(POP3) 110
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックしない
    送信サーバー(SMTP) 587
    使用する暗号化接続の種類 [なし]を選択
    配信
    サーバーにメッセージのコピーを置く 複数台のパソコン・端末で同じメールを受信する場合は、チェックを付けます。チェックを付けた場合、以下の設定も行ってください。
    サーバーから削除する Infovalleyのメールボックスは標準20MBです。
    サーバー一杯にコピーを置いた場合、新着メールが届かなくなりますので、削除する日数は必ず設定ください。また、迷惑メールなどは、削除済みアイテムに移動し、削除すると、サーバーからも削除済みアイテムから削除したメールは取り除かれ、空き領域が確保できます。
    [削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除


  8. <POP とIMAP のアカウント設定> 画面に戻ります。
    「アカウント設定のテスト」をクリックします。




  9. <テスト アカウント設定> 画面が表示されます。
    [状況]欄に[完了]と表示されましたら、「閉じる」をクリックします。



    設定したアカウント宛にテストメールが送信されます。
    エラーになった場合は、<POP とIMAP のアカウント設定> 画面に戻り、設定をご確認ください。


  10. [[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする]チェックを外し、「次へ」をクリックします。




  11. <すべて完了しました> と表示されます。
    「完了」をクリックします。


  12. <電子メール アカウント> 画面が表示されます。
    「閉じる」をクリックします。




  13. [受信トレイ] が表示されます。
    テストメッセージを受信したことを確認し、設定完了です。




以上で、Office365版 Outlook2016 の設定は完了です。


◆メールの送受信

Office365版 Outlook2016 の設定が完了したら、メールの送受信をお試しください。

  1. Outlook 2016のメニューより、[ホーム]タブを選択し、「新しい電子メール」をクリックします。




  2. メッセージの作成画面が開きます。



    メッセージ作成の画面
    宛先 送信したい相手のメールアドレスを入力します
    件名 本文の内容が推測できる件名を入力します
    本文 メールの内容を入力します

    正常に送受信ができるか、自分自身で試してみてください。
    1) [宛先] には、自分の "E-mailアドレス" を入力します。
    2) [件名] には、"テスト" と入力します。
    3) 本文を書く所には、"テストメール" と入力します。
    4) 作成し終えたら、「送信」をクリックします。


  3. 送信されると、メッセージの作成画面が消えます。
    送信されたメールは、[送信済みアイテム]に保存されます。


  4. テストメールを送信した場合、受信できるかお試しください。
    Outlook2016 のメニューより、[送受信]タブを選択し、「すべてのフォルダーを送受信」をクリックします。




  5. 正常に受信ができると、フォルダーウィンドウのアカウント下にある[受信トレイ]にメールが入ります。
    [受信トレイ] をクリックし、受信したメールを選択すると、閲覧ウィンドウに本文が表示されます。

以上です。


◆メールの送信形式


Office365版 Outlook2016は、HTML形式 ・ リッチテキスト形式 ・ テキスト形式の3種類の送信形式があります。

HTML形式および、リッチテキスト形式では、ホームページのような表現豊かなメールを相手に送る事ができます。
しかし、相手先のメールソフトがHTML/リッチテキスト形式に対応していないと、次のような事が起こる場合があります。
  • 文字化けしてメールの内容を正常に読むことができない。
  • メール本文の前後に、文字の羅列(HTMLタグ)が付属する。
  • メールの送信形式は、テキスト形式に設定する事をお勧め致します。

  1. Outlook2016 のメニューバーの[ファイル]タブから[オプション] をクリックします。




  2. <Outlook のオプション> の画面が表示されます。
    左側メニューより、[メール] をクリックします。

    次の形式でメッセージを作成する]で、初期状態は「HTML形式」になっているので、「テキスト形式」にします。




    設定後は「OK」をクリックして画面を閉じます。