お客様窓口:0120-60-3304


メールの快適な利用方法
電子メールで何かお困りではありませんか?


Infovalleyに寄せられたお問い合わせをもとに、その解決方法などをご紹介します。

大まかに以下の様なトラブルが報告されています。
・メールを送信したが、相手から「メールが文字化けして読めなかった。」と言われた。
・メールにファイルを添付して送信したが正常に相手に届かなかった。
・添付ファイルが届いても何が添付されていたかわからない。
この様なトラブルは以下で述べる注意点に気を付けてメールを作成、送信すれば回避する事ができます。

  1. 正確に相手とメールを送受信する場合の注意点。

    1.1 宛先のメールアドレスは正確に入力する。

    送信相手のメールアドレスは正確に半角英数字で入力して下さい。
    メールアドレスのつづりを一文字間違えただけで全く関係ない人にお客様のメールが届いてしまう場合があります。
    一度相手のメールアドレスを入力した後、もう一度メールアドレスのつづりが間違っていないか確認して下さい。

    1.2 返信先メールアドレスは正確に入力する。

    各種メールソフトでお客様本人のメールアドレスを入力する項目(返信先を指定する項目)があります。
    そこに入力されているお客様のメールアドレスのつづりが間違っていないか確認して下さい。
    お客様が送信されたメールに相手が返信した場合、返信先に入力されたメールアドレスが間違っているとお客様に返信メールが届かない場合があります。
    一度ご自分宛てにメールを送信して下さい。
    送信したメールを受信し、その受信したメールの返信先が正しいか確認して下さい。

    ・返信先を指定する設定のあるメールソフトの例
    Netscape Navigator
    オプション ---> メールとニュースの設定 ---> 個人情報に返信先アドレスを指定する項目があります。

    ・返信先を指定する項目がないメールソフトの例。
    返信先を指定する項目がメールソフトにない場合電子メールアドレスに入力したアドレスが自動的に返信先に指定される場合があります。
    Microsoft Exchange
    ツール-->サービス --> インターネットメールのプロパティの電子メールアドレスの項目に入力したアドレスが返信先としてメールで送信されます。

    1.3 送信するメールの件名と本文中に半角仮名文字と特殊記号を使用しない。

    メールの件名や本文中に半角仮名文字特殊記号を使用してメールを送信すると相手に届いたメールが文字化けをおこす場合があります。
    半角仮名文字特殊記号は使用しないようにして下さい。
    例)下記の左右の表はまったく同じ特殊記号をWindowsとMacintoshで見た場合です。
    実際の特殊記号は以下の様になります。
    下記の表を
    ・Windowsで見た場合上記左の表が見えます。
    ・Macintoshで見た場合上記右の表が見えます。
    ・UNIXで見た場合何も表示されません。

    @ A B C D E F G H I
    J K L M N O P Q R S
    T U V W X Y Z [ \ ]
    ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ実匸 _ ` a b c d e f g h
    i j k l m n
    o p q r s t u ~





    1.4 JISコード(文字コード)は日本語JIS(7ビット)に設定する。

    JISコードとは、JIS規格に定めた情報交換用の文字コードで、7ビットで表現するJISと、8ビットで表現するShift-JISの2種類があります。
    Internet上では日本語JIS(7ビット)を使用する規約になっています。
    メールソフトの設定で日本語Shift-JIS(8ビット)は使用しないで下さい。
    日本語Shift-JIS(8ビット)に設定すると文字化けをおこす場合があります。
    例)Microsoft Exchangeを使用している場合
    ツール-->サービス-->インターネットメール のプロパティ--->メッセージ形式--->文字コードセットの順にクリックし、日本語JISが選択されているか確認して下さい。

    1.5 一文が長いメールはこまめに改行する。

    メールを書く場合、1文が長くなってしまう場合があります。
    長文を改行せずに送信すると受信した相手はとても読み辛い文となってしまいます。
    メールソフトによっては送信する時に、改行してくれる物もありますが基本的にこまめに一文の長さを半角英文字の場合70文字、全角文字の場合32文字位で改行する様にして下さい。
    メールが読みやすくなる上に、相手が返信しやすくなります。

    1.6 相手のメールを引用する場合、必要最低限の引用にする。

    相手から送られたメールを引用する場合、引用は必要最低限の部分だけにして下さい。
    全文を引用されると引用文を受信した相手はもう一度自分が書いたメールを読む事になりるうえ、引用したメールに引用を重ねていくとメールがとても長いものになってしまいます。

  2. メールにファイルを添付して送信する場合の注意点。

    2.1 添付ファイルの確認

    まず、添付するファイルのサイズを確認して下さい。
    ファイルサイズが大きい場合相手に送信していいか確認を取る事をお勧めします。
    (1). 相手のメールスプール領域に制限がある。(例えば、Infovalleyは、標準で20Mbyte)
    (2).受信した相手も、巨大なファイルを遅い回線を使って読み込む事を強制させられる。
    実際添付ファイルを送信する場合も圧縮する事をお勧めします。
    圧縮する事によって、相手のメールスプールの節約、受信時間の短縮ができます。
    詳しくは、「2.3 大きい添付ファイルは圧縮して送信する。」をご覧下さい。

    2.2 添付ファイルを送信する場合、相手の使用しているメールソフトを確認する。

    添付ファイルを送信する場合、相手が使用しているメールソフトを確認し、相手のメールソフトに合わせた文字コードで添付ファイルを送信して下さい。
    メールにファイルを添付する場合、ファイルを文字コードへ変換して送信する必要があります。
    使用するソフトによっては変換形式が異なるものがあり、受信側で添付されたファイルを復元できない場合があります。
    変換方式にはいろいろありますが一般的なMIMEBase64uuencodeにすると多くのメールソフトで添付されたファイルを復元する事ができます。
    Base64やuuencodeに対応しているかそれぞれのメールソフトのマニュアル等でご確認下さい。
    代表的なメールソフトの対照表は以下の様になります。
    (バージョンによって下の表と異なる場合がありますのでご了承下さい。)

    添付ファイル対照表
    送信側\受信側 NN3.0 NN2.0 IM ME EUPRO EUJ AM
    Netscape Navigator 3.0
    (WIN、MAC)
    Base64 Base64 Base64 Base64 Base64 Base64
    Netscape Navigator 2.0
    (WIN、MAC)
    Base64 Base64 Base64 Base64 Base64 Base64
    Microsoft Internet Mail
    (WIN)
    Base64
    uuencode
    Base64 Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Microsoft Exchange
    (WIN)
    Base64
    uuencode
    Base64 Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    EUDORA PRO
    (WIN、MAC)
    Base64
    uuencode
    BinHex
    Base64 Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    BinHex
    BinHex Base64
    uuencode
    BinHex
    EUDORA J
    (MAC)
    BinHex BinHex BinHex BinHex
    AL-Mail
    (WIN)
    Base64
    uuencode
    BinHex
    Base64 Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    Base64
    uuencode
    BinHex
    BinHex Base64
    uuencode
    BinHex

    2.3 大きい添付ファイルは圧縮して送信する。

    サイズの大きいファイルをメールに添付して送る場合できるだけ圧縮する事をお勧めします。
    圧縮とは、元のデータの意味を変更せずに、データサイズ(容量)を小さくまとめる事です。
    また、圧縮したデータを元の状態へ戻す事を解凍、又は展開といいます。
    添付するファイルを圧縮する事により、添付ファイルのサイズを小さくする事ができる上、送信時間も短縮できます。
    Infovalleyでは標準メールスプールは20Mbyteとなっております。
    20Mbyte以上のメールは受信できず、送信主に送り返されてしまいます。
    Infovalley以外のプロバイダもそれぞれメールスプールの上限等設定されている所がありますので、添付ファイルが大きい場合は相手のメールスプールを確認してから、ファイルを圧縮して送信する事をお勧めします。

    圧縮・解凍を行うには以下の様なソフトが必要になります。
    (バージョンによって以下の表と異なる場合がありますのでご了承下さい。)

    ファイルの圧縮・解凍 for Windows
    拡張子 圧縮形式 圧縮ソフト 解凍ソフト
    .lzh LHA形式 LHMelting for Win32
    Explzh
    LHMelting for Win32
    Explzh
    Lhasa
    .zip ZIP形式 Explzh
    Explzh
    Lhasa
    StuffIt Expander for Windows
    .hqx BinHex形式
    StuffIt Expander for Windows
    .sit Stuffit形式 StuffIt Expander for Windows

    ファイルの圧縮・解凍 for Macintosh
    拡張子 圧縮形式 圧縮ソフト 解凍ソフト
    .lzh LHA形式 MacLHA MacLHA
    .zip ZIP形式 StuffIt Expander StuffIt Expander
    .hqx BinHex形式 StuffIt Expander StuffIt Expander
    .sit Stuffit形式 StuffIt Expander StuffIt Expander

    WindowsはWindowsの、MacintoshはMacintoshの、それぞれ送信相手の機種に合わせた圧縮形式を使用して下さい。
    上記の圧縮や解凍をするにはそれぞれの圧縮形式に対応した圧縮解凍ソフトが必要になります。
    圧縮した添付ファイルを送信する場合、何の形式で圧縮してあるか明確にメールに記入する様にして下さい。

    各種圧縮解凍ソフトはInfovalleyのイエローページのシェアウェアのリンクより入手する事ができます。。
    又は、Internet関連雑誌のCD-ROM等に入っている場合もあります。