お客様窓口:0120-60-3304


HTML入門
簡単なHTMLの例
HTMLの記述規則
ヘッダ部(ヘッダとタイトル)
見出し
段落
番号のついたリスト
番号の無いリスト
用語の定義
階層型リスト
文書のフォーマット
引用文
電子メールアドレス
文字の修飾
コメント・強制改行・下線
エスケープシーケンス
インラインイメージ
リンク

HTMLの記述規則



タグ:大文字<HEAD>、小文字<html>どちらでも構わないことになっています。通常は、タグとして見分けやすくするために、大文字を用います。

段落:HTMLでは、段落や改行は明示的に示す必要があります。改行コード(CRやLF)は無視されます。段落や改行をいれるには、<P>や<BR> を用います。

以下の2例は同じように表示されます。


HTMLの記述で改行した場合

<H1>HTMLにおける改行と段落</H1>

文書中に改行を入れても、

入れなくても<P>

結果は同じになります。<P>

<H1>HTMLにおける改行と段落</H1>

文書中に改行を入れても、入れなくても<P>結果は同じになります。<P>

表示例: