お客様窓口:0120-60-3304


HTML入門
簡単なHTMLの例
HTMLの記述規則
ヘッダ部(ヘッダとタイトル)
見出し
段落
番号のついたリスト
番号の無いリスト
用語の定義
階層型リスト
文書のフォーマット
引用文
電子メールアドレス
文字の修飾
コメント・強制改行・下線
エスケープシーケンス
インラインイメージ
リンク

簡単なHTMLの例



<HTML>

<HEAD>
<TITLE>簡単なHTMLの例</TITLE>
</HEAD>

<BODY>
<H1>これは簡単なHTMLの例です。</H1>

それでは、これからHTMLの記述について
学びましょう。 <P>
HTMLは決して難しいものではありません。
ここでは、文法について説明します。<p>

</BODY>

</HTML>

これは以下のように表示されます。



HTMLによって記述する文書は、大きく分けてヘッダと本文に別れます。
ヘッダはタイトルを記述するのに用いますが、本文中にはあらわれません。

HTMLは文書を表示するためにWorldWide Web(以下WWW)サーバに本例のようなタグと呼ばれる記号を用いて情報を伝えます。タグによる表記のしかたは以下のようになります。

<タグ名>   文    </タグ名>
開始            終了

本例の中で、<HTML> </HTML>はHTMLの開始と終了を表し、同じように
<HEAD> </HEAD>と<BODY> </BODY>はそれぞれ、ヘッダと本文の開始と終了を表します。