お客様窓口:0120-60-3304


HTML入門
簡単なHTMLの例
HTMLの記述規則
ヘッダ部(ヘッダとタイトル)
見出し
段落
番号のついたリスト
番号の無いリスト
用語の定義
階層型リスト
文書のフォーマット
引用文
電子メールアドレス
文字の修飾
コメント・強制改行・下線
エスケープシーケンス
インラインイメージ
リンク

エスケープシーケンス

エスケープシーケンス

文字のうち、大なり (<)、小なり (>)、アンパサンド (&)、引用符 (")は特別な意味を持つので、これらの文字を記述するには、以下のエスケープシーケンスを用いてHTMLを記述する必要があります。

種類 :&lt;
<(小なり)
    &gt;
>(大なり)
    &amp;
&(アンパサンド)
    &quot;
"(引用符)

用例 :<PRE>

    &lt;A HREF=FONT.HTML&gt;フォント&lt;A&gt;
    <A HREF=FONT.HTML>フォント<A>


    </PRE>

表示例: