第5回 「コンピュータウィルスについて」
コンピュータウィルスの脅威(添付ファイルに注意)


 こちらをクリックすると音声でもお聞きになれます。

 注意:
 Windows Media Player でのみ音声でお聞きいただけます。
 MediaPlayerをお持ちでない方は、こちら よりダウンロードしてください。
 

用語解説

こんにちは〜(^O^)、Qちゃんです。

インターネットを始めて1ヶ月、ようやくインターネットにも慣れてきましたが、まだまだ初心者の私なのでわからないことがたくさんあります。

今回はコンピュータウィルスについてお聞きします。

Infovalleyのトキタさん、よろしくお願いします。

 

こんにちは、よろしくお願いします。

 

時々「パソコンがコンピュータウィルスに感染しちゃった」なんて話を耳にするんですが、この「コンピュータウィルス」って何ですか?

 

コンピュータウィルスとは「パソコンの調子を狂わす不正なプログラム」のことです。
例えば、人間が風邪を引くのと同じように、パソコンもコンピュータウィルスによって 風邪を引いたように 調子が悪くなってしまいます。

コンピュータウィルスの感染源は、9割がメールからで、残りの1割はホームページ、またはフロッピーディスクやCD-ROMなどからの感染と言われています。


 

ほとんどがメールからということですね。
メールから感染する場合、どのように感染するんですか?


 

今までは、メールを開いても添付された ウィルス付きファイルを開かなければ、感染しないと言われていました。

しかし、最近は、コンピュータウィルスも 強力になってきていて、受信したメールを開いただけで感染してしまう というものが増えてきているんです。
(*1)
 

へ〜。
ところで、コンピュータウィルスに感染すると、パソコンはどうなるんですか?

 

コンピュータウィルスの種類によって動作は異なりますが、最近 一番多いのは、自分の知らないうちに、ウィルス付きメールを大量送信してしまうものです。

今まで受信したメールや、アドレス帳に登録されている宛先に対して、パソコンがインターネットに接続されている間中 送信を続けます。
コンピュータウィルスに感染したと気づかずに パソコンを使い続ければ、さらに被害を広げてしまうことになります。



被害者だった自分が いつの間にかウィルスをばらまく 加害者になってしまうんです。

 

怖いですね〜。

 

また、感染しているパソコンが判りづらいように、差出人アドレスを偽るコンピュータウィルスもあります。

例えば、本当はQちゃんのパソコンからウィルス付きメールが送信されているのに、差出人を全く別の人、例えば、私 "トキタ" のメールアドレスにしてQちゃんではなく、トキタが送信しているようにみせかけるんです。

そうすると、ウィルス付きメールを受け取った人は、Qちゃんではなく差出人になっている"トキタ"が ウィルス付きメールを送信していると 思ってしまいますね。



 

コンピュータウィルスに感染していないのに、ウィルスを送信している犯人にされたら迷惑ですね。

 

そうですね。
他にも、コンピュータウィルスに感染すると、パソコンの中の大切なデータが破壊されてしまい、パソコンの動作が不安定になったり、パソコンが起動しなくなったりすることもあります。

 

知らないうちにコンピュータウィルスに感染するかもしれない ということを聞いたら、怖くてパソコンが使えなくなりそうです。

 

確かにコンピュータウィルスは怖いですが、日ごろからパソコンがウィルスに感染しないように予防していれば、全然怖い事はないんですよ。
コンピュータウィルスの対策については、次回お話しますので安心して下さい。

 

ウィルスは予防ができる という事を聞いて安心しました。
今日の「コンピュータウィルスについて」に関するお話は、お聞きの有線放送のホームページ又はInfovalleyのホームページでご覧になれます。

トキタさん、今日はありがとうございました。

次回も引き続き、「コンピュータウィルスについて」です。お楽しみに〜。
 

【補足説明】
*1)メール本文を開かずに削除する方法
  Outlook Expressのプレビュー表示を無効にする設定

Windows Media Player は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標又は商標です。