第27回 「有線でIP電話」


こちらをクリックすると音声でもお聞きになれます。

 注意:
 Windows Media Player でのみ音声でお聞きいただけます。
 MediaPlayerをお持ちでない方は、こちら よりダウンロードしてください。
 

用語説明

こんにちは〜(^O^)、Qちゃんです。
皆さんお久しぶりです、お元気でしたか?
今日は、新しい講師をお招きしています。
サトウさんです、よろしくお願いします。

 

こんにちは、よろしくお願いします。

 

早速ですが、私の加入している有線放送でもIP電話が利用できるようになりました。
IP電話って一体何ですか?

 

まず、IPとは「インターネットプロトコル」の略で、インターネットを利用する時に使っている決まりごとです。
その決まりごとを電話に利用したのがIP電話と呼ばれるものです。

 

新聞やテレビでも、IP電話はどんなにかけても無料とか、国際電話がお得って聞いたんですが?

 

一般加入者電話は、相手先までいくつもの交換機を中継して電話が掛かります。 中継する交換機の、利用料が通話料だと思ってください。
距離が遠くなるほど、中継する交換機が多くなるので通話料が高くなります。

IP電話は、この交換機の変わりにインターネットを利用するため、通話料が安く なるという訳です。

 

へ〜、無料とか格安ってそういうことだったんですね。

 

ちなみに通話料金ですが、同じプロバイダでIP電話サービスを利用している人同士や 提携先プロバイダでIP電話サービスに加入している人との通話料は、無料です。


国内の一般加入電話との通話はどこでも3分8円、 海外との通話は国により異なりますが、アメリカ本土の場合1分9円です。

IP電話は距離に関係なく低価格で通話ができるため、 長距離電話や国際電話を利用する人には特にお勧めです。

また、プロバイダによっては、
  • 携帯電話やPHSとも、固定電話より安く通話できる
  • 公衆電話から着信可能
  • 月々の基本利用料に通話料がセットになったお得なサービス
など、さらに大きなメリットもあるんですよ。

 

えっ、携帯電話にも安く掛けられるんですか?私も利用したいなぁ。

ところで、インターネットの仕組みを使うということは、インターネット接続の申込が必要なんですね?

 

はい。
Qちゃんは、有線ADSLを利用しているんでしたよね?

 

はい、そうです。

 

IP電話サービスを利用するためには、音質を確保するためにQちゃんの利用している ADSLのような高速なサービスが必要です。

 

インターネットを利用するという事は、専用の電話機を買わなくちゃいけないんでしょうか?

 

いいえ、大丈夫です。
IP電話を利用するための機器は、IP電話サービスを申し込んだプロバイダからレンタルされます。 電話機は、いま使っている電話機または市販の電話機が利用できます。 Qちゃんの場合、いま使っている有線電話機で、IP電話を利用することもできますよ。

 

有線電話機がIP電話機になるんですか?

 

そうです。
ただし、注意が必要です。
携帯やPHSへの通話は、プロバイダによっては利用できない場合があります。 月々の基本利用料や専用機器のレンタル料も、プロバイダによって異なります。

一番注意していただきたいのは、有線電話のダイヤル方法が変わる場合があるということです。

 

ダイヤル方法が変わるんですか?ちょっと面倒な気がしますけど・・・。

 

そうですね。有線電話とIP電話を併用する場合、有線電話のダイヤル方法が変わります。
また、IP電話を利用するには宅内の回線工事が必要な場合もあります。

他に、携帯電話や専用機器のレンタル料も、プロバイダによって異なります。
ご加入の有線放送やプロバイダに相談してみて下さい。

 

分かりました、早速有線放送局で聞いてみます!
サトウさん、今日はありがとうございました。


今日の「有線でIP電話」に関するお話は、お聞きの有線放送の ホームページ、又はInfovalleyのホームページでもご覧になれます。