第22回 「英語のメールが届いた(エラーメールについて)」  


 こちらをクリックすると音声でもお聞きになれます。

 注意:
 Windows Media Player でのみ音声でお聞きいただけます。
 MediaPlayerをお持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。
   

  用語説明

こんにちは、Qちゃんです。
Infovalleyのトキタさん、今日もよろしくお願いします。

   

こんにちは、よろしくお願いします。

   

トキタさん、大変なんです。
英語で書かれた変なメールが届いたんです。これは迷惑メールでしょうか?

   

どれどれ、ちょっと見せてください。
あー、これは、メールサーバが自動的に返信したエラーメッセージですね。

    

メールサーバが自動で返信したエラーメッセージ ですか?
   

はい。メールサーバとは電子メールの配送を行っているコンピュータのことで、インターネット上の郵便局のようなものです。住所を間違った手紙を出すと、宛先間違いで戻ってきますよね。電子メールも同じです。宛先に入力したメールアドレスが間違っていたために、メールサーバから「あなたが出した手紙は住所が間違っているため届けられませんでした。」というメッセージが返って来たんですよ。

     

なーんだ、迷惑メールじゃなかったんですね。よかった。

   

ところでQちゃん、メールアドレスの構成って知ってますか?

   

いいえ、わかりません。

   

メールアドレスは、@(アットマーク)の前と後ろの2つに分けられます。
@より後ろは郵便局の住所、@より前は私書箱の番号だと思ってください。Qちゃんがお母さんにメールを送る場合、メールはお母さんの私書箱がある郵便局に配達されます。そして、そこにあるお母さんの私書箱に入ります。お母さんがメールを受信すると、お母さんの私書箱からメールがパソコンに取り込まれるんです。
   

そうなんですか。

   

そこで、今回のエラーメールをもう一度見てみましょう。
メールの本文中に、”User unknown”とかかれていますよね。これは、相手側の郵便局までは届いたが、その郵便局に相手の私書箱がみつからなかったことになります。つまり、メールアドレスの”@”より前の部分が間違っている ということになります。



また、”Host unknown”と書かれている場合がありますが、これは相手側の郵便局が見つからなかったということです。メールアドレスの@より後ろの部分が間違っている ということになるんですよ。


   

なるほど、エラーの意味はわかりました。

   

この種のエラーメールを受け取ったら、まず送信した宛先アドレスの打ち間違いがなかったか確認することですね。

    

わかりました。
でも、私が出したメールは、届いたメールに返信しただけなんですけど、それでもエラーになってしまうんですか?

   

きっと、Qちゃんにメールを出した方が、メールソフトの設定で自分のメールアドレスを間違って入力しているのでしょう。「返信したけど、アドレス間違いで戻ってきたよ」と教えてあげるといいですね。

   

そっか、そういう場合もあるんですね。

   

今回の場合は、宛先に指定したメールアドレスが存在しなかったためエラーメッセージが返ってきましたが、全く別の人にメールが届いてしまうこともあるんですよ。宛先アドレスの入力間違いをしないように注意しましょうね。

   

全く別の人に、関係ないメールが届くのも迷惑ですものね。

   

そうですね。
その他にも、「あなたが出したメッセージは4時間たってもまだ送信できません。
5日経つまで送信を続けます。」というよう内容のものが届く場合もあります。



この例に限らず、メールサーバから自動的にメールが返信されることは時々あります。そして、インターネットは国際的なものですから、どこの国の人が見てもわかるように、英語で書かれるのが一般的なんです。

   

わかりました。今度から、英語のメールが届いても慌てないで内容をよく見るようにします。

ありがとうございました。
今日の「英語のメールが届いた」というお話は、お聞きの有線放送のホームページ又はInfovalleyのホームページでご覧になれます。

次回は、「ホームページの上手な使い方」についてです。お楽しみに〜。

   


Windows Media Player は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標又は商標です。