第12回 「ブロードバンドルータの設定方法」


 こちらをクリックすると音声でもお聞きになれます。

 注意:
 Windows Media Player でのみ音声でお聞きいただけます。
 MediaPlayerをお持ちでない方は、こちら よりダウンロードしてください。
 

用語説明

こんにちは〜(^O^)、Qちゃんです。

Infovalleyのトキタさん、今日もよろしくお願いします。

 

こんにちは、よろしくお願いします。

 

前回のセキュリティのお話を聞いて、ブロードバンドルータを買ってきました。
でも、どうやって設定していいのかわからないので教えてくださーい。(>_<)g

 

はい。
ブロードバンドルータはどの様な物を買ったのですか?

 

パソコンショップの人に相談して「CATV/ADSL」対応と書かれている物を買ってきました。
これは使えるのですよね?


 

確かQちゃんは有線のDSL接続ですよね?

 

はい。

 

それならば大丈夫です。
有線DSLでは「CATV/ADSL」対応と明記されている物であれば使えます。

 

ブロードバンドルータの差込口に「WAN」と「LAN」とありますが、どうやって繋いだらいいのですか?

 

「WAN」又は「DSL」の口はインターネット側の口になり、有線DSLモデムを繋ぎます。
「LAN」の口にはパソコンを繋げます。
まず、有線DSLモデムの「Eternet」の口とブロードバンドルータの「WAN」の口をDSLモデム付属のLANケーブルで繋げます。

次に、ブロードバンドルータの「LAN」の口とパソコンの「Eternet」の口を繋げます。

   

ブロードバンドルータにLANケーブルがついている場合は付属のケーブルで、ついていない場合は市販のLANケーブルで繋げましょう。
配線が正しければ、DSLモデムの「Ethernet」と、ブロードバンドルータの「WAN」又は「DSL」及び「LAN」のランプが点灯します。


WAN
LANよりも広い範囲でコンピュータを接続するネットワークを意味しています。

3つのランプが点灯しています。

 

接続は間違っていないようですね。
では次に、パソコンの設定をしましょう。
まず、ブラウザの設定で「LANにプロキシサーバを使用する」というチェックを外しましょう。

  


そして、IPアドレスやサブネットマスク、ゲートウェイといった情報を「サーバから自動的に取得」に設定しましょう。
パソコンにIPアドレスの設定がされているとブロードバンドルータの設定が出来ないので注意して下さいね。

  


 

設定を変更しました。

 

次に、ブロードバンドルータの設定です。
ブロードバンドルータには、プロバイダから提供されたアドレス情報などを設定します。

ブロードバンドルータの設定画面の表示方法はメーカーによってまちまちです。
ルータ付属の説明書を読みましょう。
Qちゃん設定画面は表示されましたか?

 

はい。
えーと。「ADSL」と「CATV」と言う選択があるのですがどっちを選べばいいのですか?

 

有線DSLの場合は「CATV」を選択しましょう。

 

IPアドレスで「自動」か「手動」かという選択があります。

 

「手動」を選択しましょう。
IPアドレスなどの入力画面が表示されるはずですので、今回はネットワークゲームが出来る様に、プロバイダから通知されている、「グローバルIPアドレス」の情報を入力しましょう。

 

入力っと♪

 

これでブロードバンドルータの設定は終わりです。
説明書にそって設定を保存しましょう。

 

保存っと♪

 

はい。
あと、ブロードバンドルータに「プライベートIPアドレス」を設定した場合は、プロバイダによってはプロキシサーバの設定が必要です。
ブラウザで、プロキシの設定を行って下さい。

これでブロードバンドルータを経由してインターネットが見えるはずですよ。

 

トキタさん、どうもありがとうございました。

今日の「ブロードバンドルータの設定方法」のお話は、 お聞きの有線放送のホームページ又はInfovalleyの ホームページでご覧いただけます。


次回は、「ファイアウォールの紹介」です。お楽しみに〜。(^0^)



 



Windows Media Player は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標又は商標です。