お客様窓口:0120-60-3304


Infovalley SSLサービスについて


「Infovalley SSLサービス」はInfovalleyのサーバ(www.valley.ne.jp)上でのみ使用可能な、Infovalley会員専用のサービスです。

SSL(Secure Sockets Layer)とはウェブサーバとクライアント間を暗号化技術を利用し認証を与え、 インターネット通信経路上における情報の盗聴や漏洩の危険から守る機能です。 ウェブブラウザで鍵のマークがロックされているページがそれに相当します。
Internet Explorerの場合
Netscape Communicatorの場合

アンケートサイトや電子決済サイト、会員募集など個人情報が必要とされる場合、 このSSLを導入していることにより安心して入力が可能になります。

【使用例】
  1. ホテル・旅館などの予約ページ
  2. ホームページ上での商品の購入申し込み
  3. 会員限定ホームページでのID、パスワード入力

Infovalleyでは「お客様情報確認・変更」のページで、 お客様が入力されるID、パスワードの流出を防ぐためにSSLを使用しています。

Infovalley SSLサービス詳細
    インターネット←|→ Infovalley
    ブラウザ(一般) SSL暗号化

    SSLサーバ
    暗号化なし

    Infovalley会員
  • SSLで使用するWebサーバはApache-SSLです。

  • SSLページ内でのデータが電子署名認証済み暗号で通信されます。

  • 暗号化される範囲は、上り/下り双方向ともに「SSLサーバとインターネットを経てそのページを表示しているコンピュータ」の間です。

  • SSLサーバからInfovalley会員へのメール送信は暗号化の対象外ですが、 SSLサーバからInfovalley各アクセスポイントまでは盗聴や漏洩の心配はないため、 安全に情報の受け渡しができます。

  • 接続ユーザ名がivsの場合は現在(2001/1)のところSSLを利用できません。順次対応を検討します。

  • バーチャルサーバをご利用のお客様は、ダイヤルアップ接続契約に付属のサービス利用IDを利用してSSLをご利用できます。
    お客様独自のドメインでSSLをご利用になる場合は、日本ベリサイン株式会社等の証明書署名機関からサーバIDを所得する必要がありますので、Infovalleyへご相談ください。

Infovalley SSLサービス利用方法