>>  Valley Phoneトップへ
>>  IP電話の設定方法
>>  IP電話の掛け方


[1]お申込み・サービス内容について
Q1-1. どうすれば「Infovalley/Valley Phone」サービスに申し込めますか?
Q1-2. 申し込んでからどのくらいで利用できますか?
Q1-3. IP電話アダプタの買取はできますか?
Q1-4. 現在一般加入電話で使用している電話機は利用できますか?
Q1-5. 「Infovalley/Valley Phone」専用の電話機が必要ですか?
Q1-6. 「Infovalley/Valley Phone」を利用すると電話番号が変わりますか?
Q1-7. 「Infovalley/Valley Phone」の電話番号の変更は出来ますか?
Q1-8. Valley Phoneがあれば一般加入電話の契約は必要ありませんか?
Q1-9. パソコンがなくても利用できますか?
Q1-10. 引越しする場合どうなりますか?
Q1-11. Bフレッツ回線でIP電話は利用できますか。
Q1-12. 「Infovalley/Valley Phone」を解約するにはどうしたらいいですか?
Q1-13. 「Infovalley/Valley Phone」を解約する場合どうなりますか?


▲このページの先頭へ


[2]ご利用方法
Q2-1. 電話のかけ方は変わりますか?
Q2-2. 電話の受け方は変わりますか?
Q2-3. 市内へどうやって電話をかけるのですか?
Q2-4. 市外へどうやって電話をかけるのですか?
Q2-5. 国際電話へかけられますか?
Q2-6. 携帯電話・PHSへもかけられますか?
Q2-7. 110番、119番の緊急電話番号にかけられますか?
Q2-8. 一般加入電話で通話したい場合、どうしたらよいですか?
Q2-9. 発信番号通知は利用できますか?
Q2-10. キャッチホンはつかえますか?
Q2-11. FAXは使用出来ますか?
Q2-12. 停電時に通話は出来ますか?
Q2-13. 有線DSLでも利用できますか?
Q2-14. NTT東日本が提供するナンバーディスプレイは使えますか
Q2-15. IP電話でナンバーディスプレイは使えますか
Q2-16. ひかり電話とIP電話を併用して利用できますか
Q2-17. 交換機を経由してIP電話を利用できますか


▲このページの先頭へ


[3]通話品質について
Q3-1. 通話品質は大丈夫ですか?
Q3-2. 遅延はどの程度ありますか?
Q3-3. 通話中にインターネットは利用できますか?
Q3-4. 「Infovalley/Valley Phone」と一般加入電話とどちらで通話しているか確認する方法はありますか?
Q3-5. 固定電話や携帯電話などからIP電話(050番号)に着信できますか?


▲このページの先頭へ



[1]お申込み・サービス内容について
Q1-1. どうすれば「Infovalley/Valley Phone」サービスに申し込めますか?
A1-1. こちらのページよりお申込み下さい。
Q1-2. 申し込んでからどのくらいで利用できますか?
A1-2. お申し込み日から4〜7日営業日後のお届けとなります。
お申し込み状況などによって、開通に時間を要する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
Q1-3. IP電話アダプタの買取はできますか?
A1-3. Infovalleyからレンタルの Aterm BR500V は出来ません。レンタルのみのご提供となります。
NTT東日本の機器につきましては、NTTにお問合せください。
Q1-4. 現在一般加入電話で使用している電話機は利用できますか?
A1-4. アナログ回線でご利用頂いている電話機であればご利用可能です。
(ホームテレホン電話機、ISDN専用電話機、ビンク電話などは、ご利用いただけない物がありますのでご了承下さい。)
Q1-5. 「Infovalley/Valley Phone」専用の電話機が必要ですか?
A1-5. 必要ありません。一般の電話機でご利用可能です。
Q1-6. 「Infovalley/Valley Phone」を利用すると電話番号が変わりますか?
A1-6. 一般加入電話(NTTなど)の電話番号はそのままお使い頂けます。
一般加入電話番号(NTTなど)とValley Phone電話番号は併用してお使い頂きます。
Q1-7. 「Infovalley/Valley Phone」の電話番号の変更は出来ますか?
A1-7. 変更出来ません。
Q1-8. Valley Phoneがあれば一般加入電話の契約は必要ありませんか?
A1-8. 緊急電話 (110番、119番) などにつながらなくなりますので、そのままお使いになることをお勧め致します。
Q1-9. パソコンがなくても利用できますか?
A1-9. 「Infovalley/Valley Phone」設定の際にパソコンからIP電話アダプタにIP Phoneの設定を行う必要があります。設定完了後は、一般の電話機を使って通話をおこないますので、パソコンは特に必要はありません。
Q1-10. 引越しする場合どうなりますか?
A1-10. 一度サービスを解除していただく必要があります。
長野県内の引越し先にて常時接続回線が開通後に再度お申し込みください。
その際、お客様のIP電話の電話番号(050-XXXX-XXXX)は変更になります。
又、長野県外につきましては「Infovalley/Valley Phone」のご契約が出来ませんのでご了承下さい。
Q1-11. Bフレッツ回線でIP電話は利用できますか。
A1-11. ご利用可能です。
なお、ひかり電話対応機器をご利用の場合は、「050IP電話との同時利用について」をご覧下さい。
Q1-12. 「Infovalley/Valley Phone」を解約するにはどうしたらいいですか?
A1-12. Infovalleyホームページから解約申請ください。
Valley Phoneの解約は毎月20日締めとなります。20日を過ぎた場合は、翌月1日〜20日の間に解約申請ください。
>> 「Infovalley/Valley Phone」

Q1-12. 「Infovalley/Valley Phone」を解約した場合、IP電話アダプタはどうなりますか?
A1-13. Infovalleyからレンタルの Aterm BR500V をご利用の場合、IP電話アダプタをご返却頂きます。
Infovalleyホームページから解約申請をいただきましたら、IP電話アダプタ返却依頼書一式を登録住所宛に郵送します。


▲このページの先頭へ


[2]ご利用方法について
 
Q2-1. 電話のかけ方は変わりますか?
A2-1. これまでお使いの電話機のダイヤル操作と変わりません。
IP電話の相手先に電話をかける場合、050から始まるIP電話番号をダイヤルします。
電話網で発信したい場合は、相手先電話番号の頭に「0009」をつけてダイヤルします。
Q2-2. 電話の受け方は変わりますか?
A2-2. 変わりません。
Q2-3. 市内へどうやって電話をかけるのですか?
A2-3. 相手先の市内局番からダイヤルしてください。
IP電話アダプタへご自分の市外局番を設定されていない場合には、市外局番からダイヤルしてください。
Q2-4. 市外へどうやって電話をかけるのですか?
A2-4. 相手先の市外局番からダイヤルしてください。
Q2-5. 国際電話へかけられますか?
A2-5. 相手国の電話番号の先頭に010もしくは001-010を付けて発信していただくと海外一般加入電話へかけることができます。
Q2-6. 携帯電話・PHSへかけられますか?
A2-6. 11/1よりValley Phoneから携帯電話・PHSへの発信が可能です。
Q2-7. 110番、119番の緊急電話番号へかけられますか?
A2-7 110番、119番、116番、117番といった1からはじまる3桁の特番は、ご契約の一般加入電話(NTTなど)からの発信となります。
IP電話アダプタが自動的にご契約の一般加入電話(NTTなど)を利用しますので、お客様の使い方はこれまでと同じです。
尚、緊急電話をかけた後、3分間はIP電話をご利用いただけませんのでご注意ください。

※一般加入電話の回線がIP電話アダプタにつながっていない場合は、緊急電話にかけることができません。
Q2-8. 一般加入電話で通話したい場合、どうしたらよいですか?
A2-8 電話番号の先頭に「0009」を付加してダイヤル頂くことにより可能です。
Q2-9. 発信番号通知は利用できますか?
A2-9. 11/1より、一般加入電話・携帯電話・PHSへ発信時に「050」番号が通知されます。
Q2-10. キャッチホンはつかえますか?
A2-10. NTT東日本・西日本株式会社が提供しているキャッチホンサービスに関しましてはIP電話アダプタを経由せずに、一般加入電話回線を繋げられた場合のみ、一般加入電話回線同士で通話中、キャッチホンの利用が可能です。
注)IP電話としての着信及び通話は出来ません。

「Infovalley/Valley Phone」ご利用中に、一般加入電話利用者より着信があった場合、割り込み音が鳴ります。割り込み音コール中に、一度電話を切れば後から来た通話を受ける事が出来ます。(キャッチホンのような前会話中の方を保留にする事は出来ません。電話を切った上での受信となります。)

「Infovalley/Valley Phone」ご利用中に、IP 電話利用者より通話があった場合、相手の方には話中となりお客様には着信があった事はわかりません。
Q2-11. FAXは使用出来ますか?
A2-11. IP PhoneではFAXが正常に送受信されない場合があります。 FAXを確実に送信するためには、電話番号の先頭に「0009」をつけてご契約の一般加入電話(NTTなど)から発信して下さい。
Q2-12. 停電時に通話は出来ますか?
A2-12. 停電により、IP電話アダプタの電源が切れた場合、ご契約の一般加入電話(NTTなど)での発信、着信になります。IP電話での発信、着信は出来ません。
Q2-13. 有線DSLでも利用出来ますか?
A2-13. Infovalleyの有線DSLのご契約にて、グローバルIPアドレスをご利用頂ければ「Infovalley/Valley」 Phoneのご利用が可能です。
Q2-14. NTT東日本が提供するナンバーディスプレイは使えますか
A2-14. 使えます。
NTT東日本様とナンバーディスプレイのご契約があり、ナンバーディスプレイ対応 電話機(通信機器等)をお持ちの場合は、ご利用可能です。

機器の設置方法は、次の通りです。
  1. NTT回線とIP電話アダプタを繋ぎます
  2. IP電話アダプタ付属のモジュラーケーブルで、IP電話アダプタとナンバーディス プレイ対応電話機等を繋いで下さい
※ナンバーディスプレイ対応の電話機等によっては、正常に表示されない場合が あります。
Q2-15. IP電話でナンバーディスプレイは使えますか
A2-15. 使えます。
機器の設定・設置方法は、次の通りです。
  1. IP電話アダプタの設定で「ナンバーディスプレイを使用する」にしてください
  2. 電話機のナンバーディスプレイ機能をオンにして下さい
  3. IP電話アダプタ付属のモジュラーケーブルで、IP電話アダプタと電話機を繋いで下さい
※ナンバーディスプレイ対応の電話機等によっては、正常に表示されない場合があります。
Q2-16. ひかり電話とIP電話を併用して利用できますか
A2-16. ご利用可能です。
なお、ひかり電話と併用する場合は、ひかり電話対応ルータのマニュアルをご確認のうえ、機器の配線・設定を行って下さい。また、NTT東日本様のホームページもご確認をお願いします。
>> 「ひかり電話:050IP電話との同時利用について」(NTT東日本サイト)へ
Q2-17. 交換機を経由してIP電話を利用できますか。
A2-17. 交換機の設定によります。詳しくは、交換機を設置した業者までお問合せ下さい。


▲このページの先頭へ


[3]通話品質について
Q3-1. 通話品質は大丈夫ですか?
A3-1. 一般電話と同等の音質が可能と考えております。
尚、回線のトラフィックによっては音質が落ちる場合が考えられます。
Q3-2. 遅延はどの程度ありますか?
A3-2. 一般加入電話より若干の遅れがあります。
会話には支障が無い範囲と考えております。
Q3-3. 通話中にインターネットは利用できますか?
A3-3. はい。同時にご利用いただけます。ただし、インターネット上の回線負荷等によっては通話品質に影響がでる場合があります。
Q3-4. 「Infovalley/Valley Phone」と一般加入電話とどちらで通話しているか確認する方法はありますか?
A3-4. IP電話の通話中は、IP電話アダプタのVoIPランプが緑点滅になります。
また、お客さまが相手先電話番号をダイヤルされた時には、呼出音の前に「プップップップッ」の接続音が聞こえます。

※IP電話以外での通話中は、VoIPランプがオレンジ点滅となります。
Q3-5. 固定電話や携帯電話などからIP電話(050番号)に着信できますか?
A3-5. NTT固定電話・公衆電話からValley Phoneでご利用中の「050」番号宛て着信が可能です。11/1より、携帯・PHSからの着信も可能です。

▲このページの先頭へ