お客様窓口:0120-60-3304








>>  Valley Phoneトップへ
>>  必要な機器と接続
>>  Q&A


[1]電話のかけ方 : 相手先の番号等により、異なります
【一般加入電話機をIP電話としてご利用の場合】   有線DSL接続でご利用の場合はこちらをご覧下さい


相手先 利用 一般加入電話とのかけ方の違い
IP電話加入者で 提携ISP(下記)のIP電話利用者
  • DION (KDDI-IP電話)
  • @nifty等の一部IP電話サービス
  • コジマネット
    (コジマネットADSL by eAccess)
  • KCOM (KCOM IP電話サービス)
  • SANNET (SANNETフォン by KDDI)
IP電話 相手先のIP電話番号「050-****-***」をダイアルします。

無料通話が開始されます。
IP電話加入者で 次の050番号の相手先
  • 050-3300-XXXX〜050-3450-XXXX
      [NTT Com提供のVoIP網利用者]

  • 050-3900-XXXX〜050-3901-XXXX
      [NTT Com提供のVoIP網利用者]

  • 050-7500-XXXX〜050-7532-XXXX
      [ぷらら提供のVoIP網利用者]

  • 050-2400-XXXX〜050-2408-XXXX
      [NTT-ME提供のVoIP網利用者]

  • 050-5540-XXXX〜050-5569-XXXX
      [NTT-ME提供のVoIP網利用者]

IP電話 相手先のIP電話番号「050-****-***」をダイアルします。

相手先が以下050番号のIP電話利用者:有料通話が開始されます
国内一般電話加入者 IP電話 必ず市外局番が必要です

相手先の電話番号を市外局番からダイアルします。

※市外局番なしでも通話できますが、その場合は本サービスの料金ではなく一般加入電話料金での通話となります。
海外国際電話 IP電話 一般加入電話と変わりません

「010+国番号+相手先国内番号」をダイアルします。
>>  国際通話料詳細
>>  一部通話いただけない地域・国
次のような特別番号

一般加入電話 一般加入電話と変わりません

自動的に一般加入電話での通話となります。
携帯電話・PHS IP電話 一般加入電話と変わりません
FAX送信 一般加入電話 最初に、「0009」をダイヤルしてください。
現在、短縮ダイヤルの設定をおこなっている場合は、
「0009+市外局番+相手先電話番号」
に変更して下さい。

※IP電話の技術的性質上、一般加入電話経由での利用を推奨させていただいております。
【相手先に関わらず本サービスではなく、固定電話を使って通話する場合】

  先頭に「0009」をつけてダイアルします。一般加入電話料金での通話となります。


【有線DSL接続でご利用の場合】

相手先 利用 一般加入電話とのかけ方の違い
有線放送電話加入者 有線放送電話 【IP電話専用に電話機(別途ご購入)でのご利用】

現在の有線電話と変わりません

【既存の有線電話機でのご利用】

こちらにてご確認下さい
IP電話加入者 IP電話 相手先のIP電話番号「050-****-***」をダイアルします。

相手先が提携ISPや接続可能なIP電話網利用者であれば、無料通話が開始されます。
国内一般電話加入者 IP電話 必ず市外局番が必要です

相手先の電話番号を市外局番からダイアルします。

※市外局番なしでも通話できますが、その場合は本サービスの料金ではなく一般加入電話料金での通話となります。
海外国際電話 IP電話 通話可能です

「010+国番号+相手先国内番号」をダイアルします。
>>  国際通話料詳細
>>  一部通話いただけない地域・国
次のような特別番号

- 通話できません

有線放送電話回線をIP電話としてご利用になる場合、特別番号へダイアルすることはできません。
携帯電話・PHS IP電話 一般加入電話と変わりません
FAX送信 有線放送電話 有線管内のみご利用になれます

「0009+相手先有線電話番号」をダイアルします。
一般加入電話に対するFAX送信は行えません。


▲このページの先頭へ




[2]必要な機器と接続
1) IP電話アダプタを利用します
【フレッツ、小谷村ケーブルテレビでご利用のお客様】

●以下の何れかを選択いただけます



●お申込・機器の選択について

  • 機器はInfovalley/Valley Phoneのお申込の際に選択頂けます   >>お申込

  • 既に、Infovalley/Valley Phoneをご利用のお客様でNTT東日本の機器ご利用に変更ご希望の場合は、下記までお知らせ下さい



【有線DSL接続でご利用のお客様】
  • Infovalleyからのレンタル機器(Aterm BR500V):418円(税込)/月のみご利用可能です
    NTT提供のIP電話対応機器はご利用いただけません


2) IP電話アダプタをご利用の機器に接続します

フレッツ・ADSLをご利用の場合

Bフレッツ/小谷村ケーブルテレビインターネットサービスをご利用の場合

図中の「メディアコンバータ」は小谷村ケーブルテレビインターネットサービスでご利用の場合は、「ONU」となります。
有線DSLをご利用の場合
以下の2つの方法があります。各必要工事・ご利用方法をご確認の上、お申込時に選択下さい。
[方法1]  IP電話専用に受話器を新設(量販店で別途ご購入)
[方法2]  既存の有線電話機をそのままご利用いただく

●方法1と方法2の違い●

  1. 方法1の場合:宅内工事は必要ありません

  2. 方法2の場合:有線放送電話加入者への通話の際に、ダイアル方法が従来と異なります
    ▲電話の掛け方

  3. 方法2の場合:既に有線DSL接続をご利用中のお客様も、必ず宅内工事が必要となります


    ※宅内工事はお申込受付後、各有線放送様よりお客様に日程についてお伺いし、お支払いも各有線放送様までお願い致します。


【スタンダードタイプ(スプリッタ内蔵モデム)の場合】
  方法1:IP電話専用に受話器を新設(別途ご購入)




【スタンダードタイプ(スプリッタ内蔵モデム)の場合】
  方法2:既存の有線電話機をそのままご利用いただく




【ハイパータイプの場合】方法1:IP電話専に用受話器を新設(別途ご購入)



【ハイパータイプの場合】方法2:既存の有線電話機をそのままご利用いただく





3) IP電話アダプタの設定をします
【Infovalleyからのレンタル機器の場合】

お申込後、 Infovalleyから設定資料と設定済みのIP電話アダプタ(Aterm BR500V)を送付します。
機器を配線のうえ、インターネット及び通話ができるかお試しください。


【NTT東日本の機器ご利用の場合】
  1. お申込後、 Infovalleyから設定資料「Infovalley/Valley Phoneご利用情報のお知らせ」をお送りします

  2. IP電話アダプタ(モデム)とパソコンを接続した状態で、「Infovalley/Valley Phone」の申込ページへ再度、アクセスして下さい

  3. 登録内容照会画面で「IP電話用宅内機器自動設定」ボタンをクリックして下さい

  4. IP電話用宅内機器自動設定画面で、「NTT東日本/西日本提供「IP電話対応機器」をお使いの場合」の項目の「設定開始」ボタンをクリックすると、自動設定が開始されます


▲このページの先頭へ