お客様窓口:0120-60-3304
.comドメインレジストラ移管お申込のご案内

インフォバレーのサーバで公開する場合
手順1:お客様

レジストラ移管申請

現在のレジストラまで、インフォバレーにドメインを移管する旨をご連絡の上、認証コード等をご確認下さい。
また、インフォバレーまで 下記にあるレジストラ移管申込書を、必要事項を入力の上、送信下さい。
宛先メールアドレス:domain-entry@infovalley.ad.jp
レジストラ移管申請書式

◎ドメイン管理者のメールアドレスをご確認下さい。

移管のお手続きでは、ドメインご登録時にお客様が指定されたドメイン管理者(Admin-Email)宛にメールが送信されます(STEP4)。
Admin-Email として登録したメールアドレスがご不明な場合は、現在のレジストラまで、ご確認ください。
手順2:お客様

ホスティングオプションサービス利用申込

独自ドメイン公開サービスのお申込 ホスティングオプションサービスのご案内
インフォバレー基本接続サービスの契約が必要です。未契約のお客様には、基本接続契約の申込書も同封します。併せてご提出下さい。基本接続サービス一覧
取得したドメインでメールご利用の場合は、ウィルスブロックサービスのご利用をお勧めします。ウィルスブロックサービスのご案内
手順3:インフォバレー

レジストラ移管申請

レジストラ移管申請書式受付(通常1営業日)後、 インフォバレーから株式会社 日本レジストリサービス社(JPRS)へ移管申請を行います。 JPRSから現在のレジストラへの移管手続きが実施されます。
手順4:お客様

レジストラ移管の承認

ドメイン管理者(Admin-Email)宛にレジストラ移管の承認手続きのメールが届きます。 メールに記載された手順で、承認手続きを行って下さい。
  • 承認手続きは、メールに記載された期日までに行って下さい。承認手続きのメールの内容がご不明な場合は、インフォバレーまでメールを転送下さい。
    転送先:domain-entry@infovalley.ad.jp
  • 現在のレジストラからも、移管確認のメールが届く場合があります。内容を確認の上、移管手続きを進めて下さい。
手順5:インフォバレー

DNSサーバ切替確認・ご連絡

インフォバレーへの移管が完了しましたら、お客様ご希望日にDNSサーバの切替を実施致し、ご利用になるための資料を郵送させていただきます。資料送付は通常、取得から3営業日となっております。

DNSサーバ切換:平日の月〜金:9:00〜16:30でお請け致します。

手順6:お客様

設定・登録

インフォバレーから送付するご案内資料を元に、パソコンの接続設定を行って下さい。
メール設定のご案内 ホームページ公開のご案内のご案内



公開は他社サーバで、ドメイン維持のみお申し込みの場合
手順1:お客様

レジストラ移管申請

現在のレジストラまで、インフォバレーにドメインを移管する旨をご連絡の上、認証コード等をご確認下さい。
また、インフォバレーまで 下記にあるレジストラ移管申込書を、必要事項を入力の上、送信下さい。
宛先メールアドレス:domain-entry@infovalley.ad.jp
レジストラ移管申請書式

◎ドメイン管理者のメールアドレスをご確認下さい。

移管のお手続きでは、ドメインご登録時にお客様が指定されたドメイン管理者(Admin-Email)宛にメールが送信されます(STEP4)。
Admin-Email として登録したメールアドレスがご不明な場合は、現在のレジストラまで、ご確認ください。
手順2:お客様

DNSサーバの確認

ドメインを管理するDNSサーバ(プライマリ・セカンダリ)の情報をメールでお知らせ下さい。DNSサーバ管理方法により、お知らせ頂く内容が異なります。
宛先メールアドレス:domain-entry@infovalley.ad.jp
  • プライマリ、セカンダリ共にインフォバレー以外で管理
    DNSサーバをお客様または他社(レンタルサーバを含む))で管理する場合は、プライマリ、セカンダリサーバの各ホスト名とIPアドレスをお知らせ下さい。

    例:dns1.example.co.jp/202.222.xxx.xx

  • セカンダリのみインフォバレーで管理
    プライマリはお客様または他社(レンタルサーバを含む)で管理)する場合は、プライマリサーバのホスト名とIPアドレスをお知らせ下さい。

    例:dns1.example.co.jp/202.222.xxx.xx

    【セカンダリサーバについて】
    DNSサーバ設定において、下記IPアドレスに対するゾーン転送の許可設定を行って下さい。

    spa.infovalley.ad.jp/202.222.129.4

  • プライマリ、セカンダリ共にインフォバレーで管理する
    DNSサーバをお持ちでない場合は、プライマリ、セカンダリサーバ共、ドメインを公開されるホスト名とIPアドレスをお知らせ下さい。
    Webサーバ例1:www.example.jp/202.222.xxx.xx
    Webサーバ例2:example.jp/202.222.xxx.xx
    メールサーバ例:mail.example.jp/202.222.xxx.xx
  • 留意事項
    DNSサーバ変更作業などが発生した際は、インフォバレーまでご連絡下さい。変更作業は、無料です。
    インフォバレーのDNSサーバは、下記の通りです。
    プライマリ:spa.infovalley.ad.jp
    セカンダリ:river.valley.ne.jp
手順3:お客様

お支払い方法の書類提出(インフォバレーのご契約がない場合)

提出書類を請求下さい。必要事項をご記入・捺印頂き、返送下さい。
  • お電話:0120-60-3304(土・日・祝日を除く9:00〜12:00、13:00〜17:00)
  • FAX:026-243-1129
  • メール:service@infovalley.ad.jp
手順4:インフォバレー

レジストラ移管申請

レジストラ移管申請書式受付(通常1営業日)後、 インフォバレーから株式会社 日本レジストリサービス社(JPRS)へ移管申請を行います。 JPRSから現在のレジストラへの移管手続きが実施されます。
手順5:お客様

レジストラ移管の承認

ドメイン管理者(Admin-Email)宛にレジストラ移管の承認手続きのメールが届きます。 メールに記載された手順で、承認手続きを行って下さい。
  • 承認手続きは、メールに記載された期日までに行って下さい。承認手続きのメールの内容がご不明な場合は、インフォバレーまでメールを転送下さい。
    転送先:domain-entry@infovalley.ad.jp
  • 現在のレジストラからも、移管確認のメールが届く場合があります。内容を確認の上、移管手続きを進めて下さい。
手順6:インフォバレー

DNSサーバ切替確認・ご連絡

お客様ご希望日にDNSサーバの切替を実施致します。切替日に合わせて、ドメインを公開するサーバにて設定を行って下さい。

DNSサーバ切換:平日の月〜金:9:00〜16:30でお請け致します。




公開もドメイン維持も他社に変更する場合
手順1:お客様

レジストラ移管申請

移管先のレジストラまたはレンタルサーバ業者をお知らせ下さい。 また、インフォバレーにも移管先についてのご連絡をお願いします。 移管後のご契約に関するご意向をお伺いし、書類提出をお願いする場合があります。
  • お電話:0120-60-3304(土・日・祝日を除く9:00〜12:00、13:00〜17:00)
  • FAX:026-243-1129
  • メール:service@infovalley.ad.jp
手順2:インフォバレー

認証コードの発行

移管後のインフォバレーとのご契約内容を確認でき次第、認証コードを発行の上、お客様へご連絡します。 書類のご提出が必要な場合は、書類を受付次第、認証コードを発行させて頂きます。
手順3:お客様

移管のお手続き

認証コードを移管先のレジストラにご連絡の上、移管先の案内に沿って移管手続きを進めて下さい。
手順4:お客様

DNS削除希望日のご連絡

レジストラ移管が完了し、インフォバレーサーバからのDNS削除をご希望の場合はご連絡下さい。

DNS削除:平日の月〜金:9:00〜16:30でお請け致します。




レジストラ移管に関する注意事項
  • 移管にかかる日数

    移管は、承諾後に多少お時間がかかる場合がございます。予め余裕を持ってご申請ください。

  • 移管ができないケース

    下記に該当する場合、レジストラ移管はできません。予めご了承ください。

    日本語.COM/ .NET/ .ORG/ INFO/ .BIZ のドメイン名
    登録/更新料が未払いのドメイン名
    登録後60日以内のドメイン名
    有効期限まで9年以上ある場合
    現レジストラが移管を拒否した場合
    "Administrative Contact" が申請を拒否した場合
    紛争中のドメイン名
    現在の登録者名(Registrant)と新規ユーザIDの名義が全く異なる場合
  • 移管申請が却下された場合

    移管申請後に、現在のレジストラから変更先レストラへ承諾の連絡が無い場合、自動的に申請が却下されます。また、二重申請はできませんので、再度ご申請頂く場合には14日経った後にご申請下さい。