お客様窓口:0120-60-3304



「グローバルIPアドレス割当(有線DSL接続)」「フレッツ固定IP割当(フレッツIP1/8/16)」をお申込のお客様へ

〜セキュリティ上のご注意とお願い〜


 日頃はInfovalleyをご利用いただき、ありがとうございます。

「グローバルIPアドレス割当(有線DSL接続)」「フレッツ固定IP割当(フレッツIP1/8/16)」の各サービス(以下、「グローバルIPアドレス」)をご利用いただくにあたり、より万全のセキュリティの元により安全にご利用いただけますよう下記についてご一読、お願い致します。

【ご案内】
  1. グローバルIPアドレスの割当による接続ご利用にあたり
  2. Infovalleyからのお願い(セキュリティ対策の実施)
  3. Infovalleyの定期スキャンについて
  4. 関連サイト等
  5. お問合せ

1.グローバルIPアドレスの割当による接続ご利用にあたり
グローバルIPアドレス割当サービスをご利用の場合、一般のダイヤルアップ接続サービス(※1)とは異なり、お客様のコンピュータには常に固定のグローバルIPアドレスが割当てられます。そのため、コンピュータの電源を入れた状態では、インターネットに接続されている世界中のコンピュータから常にアクセス可能な状態となっています。
 更に、常時接続の場合は時間を限定してのダイヤルアップ接続に比べ、アドレスを特定した不正アクセスのターゲットとなる危険性が非常に高くなります。
※1:ダイヤルアップ接続サービス ダイヤルアップ接続の場合もインターネットに接続する際には、グローバルIPアドレスが割当られますが、毎回接続の度に前回とは異なったアドレスが割当てられる為に、インターネットからお客様コンピュータは特定されづらくなります。ただし、一時的とはいえグローバルIPアドレスが割当てられることに変わりはなく、セキュリティ上の危険性が無いとはいえません。


●考えられるセキュリティ上の危険
  1. 侵入・攻撃を目的としたアクセス被害
    -同手順での繰り返し攻撃を受ける
    -UNIX OSのtelnet/ftpを利用した侵入される
    -事実上コンピュータやネットワーク利用不可状態とすることを目的とした特定通信の投げかけによる、長時間高負荷状態が発生する など


  2. データ盗用・改ざんを目的としたアクセス被害
    -住所録やデジカメデータ等、プライベート情報が流出する
    -企業の特定文章やデータベースの顧客情報等の機密事項が流出する など


  3. 第三者のコンピュータ攻撃等の「踏み台」とすることを目的としたアクセス被害
    -メールの中継機能を利用した大量の不要メール発信
    -他コンピュータ攻撃を目的としたプログラムの設置 など

    ●「踏み台」にされた場合は、第三者から見るとお客様のコンピュータから攻撃を受けているようにみえ、その為、クレームはお客様に来ます

    [法人様の場合には・・・]
    お客様情報リスト等の流出がマスコミに報道されるなど、「セキュリティレベルの低い組織」として認識されることとなり、企業イメージ・信用問題などにつながることもあります。

▲このページの先頭へ | Infovalleyからのお願い(セキュリティ対策の実施)▲


2.Infovalleyからのお願い(セキュリティ対策の実施)
NAT機能を持つルータやファイヤーウォール機能を持つネットワーク機器(ルータ等)を設置して必要最小限の通信のみを行うようにし、利用機器の最新の情報を常に入手してファームアップを行う等、セキュリティ上の脆弱性を排除してください
【NAT機能を持つルータによる対策】
インターネットとの境界には、 NAT機能を持つルータやファイヤーウォール機能を持つネットワーク機器を設置して必要最小限の通信のみを行うようにして下さい。 グローバルIPアドレスをローカルIPアドレスに変換することにより、外部からは内部でのIPアドレスが見えず、セキュリティレベルを上げることができます。
※他機器・お問合せは最寄のパソコンショップ又は各提供元にお願いします。

■NAT機能を持つルータ例

【ファイアウォールソフトによる対策】
不正アクセスを防止するためのソフトウェアが市販されています。
他ソフトウェア・お問合せは最寄のパソコンショップ又は各提供元にお願いします。

■ファイアウォールソフト例

【その他システム環境での対策】
〜インターネットから参照される可能性のあるコンピュータにおいて

  • 【UNIX(Linux/BSD)OSをお使いのお客様】
    (1)不必要なサービスをとめてください。
    -telnetやftpといったサーバ機能
    -常時起動する必要の無いプログラム 等

    (2)必要に応じてPatch等を適用してください。


  • 【Windowsをお使いのお客様】
    (1)ファイル共有及びプリンタ共有設定をされている場合はこの機能を外して下さい。詳しくは次のホームページをご参照ください。
    「ネットワークの設定」
    (2)不必要な常駐サービス(プログラム)を停止してください。
    (3)必要に応じてPatch又は修正プログラム等を適用してください。


  • 【Macintoshをお使いのお客様】
    必要に応じてPatch又は修正プログラム等を適用してください。

▲このページの先頭へ | Infovalleyの定期スキャンについて▲


3.Infovalleyの定期スキャンについて
〜脆弱性の早期発見と対処のために〜
定期的にお客様のコンピュータのセキュリティ機能をネットワーク経由で確認させていただきます(定期スキャン)。
 万が一、脆弱性が発見された場合は、Infovalleyからお客様へご連絡させて頂きますと同時に、お客様自身により早急に対処を実施して頂きます。また、場合によっては、固定グローバルIPアドレスの割当てを一時的に解除させて頂く可能性もございますのであらかじめご了承ください。

▲このページの先頭へ | 関連サイト等▲


4.関連サイト等

▲このページの先頭へ | お問合せ▲


5.お問合せ
本件に関するお問合せは下記まで
メールアドレス: info@infovalley.ad.jp

▲このページの先頭へ