商品のご案内 会社情報・店舗案内 製法・原料 そば粉屋のひとり言 そば粉屋のある町 お問い合せ
そば粉屋のある町




Vol.31  秘境への旅 最終回   [2007.10.16]

あとはひたすら帰るだけ。
皆無口になり黙々と歩きます。だんだん疲れも出てきたせいもありますが・・・。
行きにも通った吊り橋を何本か渡り、せっせと歩くこと3時間半、ようやく出発地に帰り着きました。
今回大町市の住民でもなかなか訪れることのない秘境を訪ねる事が出来、また天然記念物の噴湯丘を自分の目で見ることが出来たことは本当に感動ものでした。大町はまだまだいいところがいっぱいあります。これからも足下を見つめ直していきたいと思いました。








Vol.30  秘境への旅 その7   [2007.10.12]

噴湯丘の美しい造形を見ながら皆で昼食です。河原の至る所から温泉が噴出しており、疲れた足を休めるにはもってこいの足湯をしました。源泉だけではとても熱いので、川の水を引き込んでちょうど良い温度で良い気持ち。水もきれいだし本当に最高の気持ちよさでした。
さて、あとは帰るだけ。それ考えると憂鬱ですが・・・。








Vol.29  秘境への旅 その6   [2007.10.04]

いよいよ大詰め。吊り橋をまた渡り、道が崩れていてロープを伝って下に降り、河原を歩くと憤湯丘がとうとう見えました。歩き始めて3時間半、ようやく目的地に到着です。長かった・・・。
自分の目で見た噴湯丘は本当にきれいでした。自然の作り出した造形物に感動しました。








Vol.28  秘境への旅 その5   [2007.09.22]

他のサイトなどで湯俣への旅行記を見ると、「晴嵐荘の前には露天風呂があり・・・」という記載が結構ありましたので、「噴湯丘見学後はここで露天風呂に入っていこう・・・」と思っていたのですが、それらしい形をしたくぼみはあれど、お湯がたまっていない。今回その思いが実現できなくて残念でした。
晴嵐荘への吊り橋の上から撮影したのが右の写真。水が本当にきれいなんですよ。心洗われました。
目的地まであと少しです。








Vol.27  秘境への旅 その4   [2007.09.18]

連休は暑かったですね。いかがお過ごしでしたか?
さて、名無避難小屋を出発して40分ほど歩くと右側は河原が広がり出しました。大きい石がごろごろしています。
そのうちに遠くに湯俣の晴嵐荘が見えてきました。吊り橋を渡り晴嵐荘前にて一休み。
噴湯丘まではあと10分ほどみたいです。あと少しです・・・。








Vol.26  秘境への旅 その3   [2007.09.14]

細い道を歩くこと1時間と少し、名無避難小屋へ到着。ここには小屋があり、その通り避難するための小屋が建てられていました。
中にはまきストーブのある土間と畳が3畳ほどある部屋があり、まさに緊急時の為の小屋といった趣でした。
道ばたにベンチがありましたので、少し休憩し、後1時間ほどだと言い聞かせ出発、目的地を目指しました。








Vol.25  秘境への旅 その2   [2007.09.09]

高瀬ダム湖畔を上流に向かって左側をひたすら歩きます。道はまだ東京電力の作業車が通れるくらいの砂利道です。途中トンネルもいくつかありました。ほとんどフラットな田舎道といった風情。
歩き始めて1時間ほどで高瀬ダム湖のはじまで来ました。振り返って撮影したのが右の写真。きれいさ伝わりますか?
もう少し歩くと車で来られそうな道路が終わり、いよいよ山道へと入っていくのでした。まだみんな元気です。








Vol.24  秘境への旅 その1   [2007.09.08]

チョットしたわけがありまして、ここ大町市を紹介するビデオを作成しなければならなくなり、その責任者になってしまった私。いい案が浮かばず、締切の9月30日が近づいて来てしまいました。
こうなったら、いいアイデアは浮かばない変わりに、体力を使って一度いってみたかった大町の秘境、湯俣を目指し、噴湯丘を撮影してこようと半ばやけくそで9月4日に仲間8人で行ってきました。
人の話では「そんなにアップダウンもないし、子供でも行けるいいハイキングコースだよ」といわれ、「それなら大丈夫そうだな」とビデオを担いでいざ出発。
写真は高瀬ダムの堰堤でこれからいよいよ歩き始める前にとった写真です。(私はカメラマンなので映っていません)このときは皆元気だった・・・。



>>  ホームページ





Vol.23  大町夏祭り   [2007.07.25]

今年も大町夏祭り、若一王子神社例大祭の季節がやってきました。
今年は日の回りが良く、7/28(土)が宵祭り、29(日)が本祭りです。
宵祭りでは舞台曳き揃えが市内本通りで19時から、本祭りは13時からやぶさめ、舞台運行が行われます。
今年は私どものお客様のこばやしそば店さんのご子息が仁科町のやぶさめ騎手として祭りに花を添えます。1日大変ですが良い思い出になるように頑張って欲しいものです。


>>  ホームページ





Vol.22  大町の桜も咲きました   [2007.04.21]

大町の桜も例年より早いとはいえ、他地域よりは遅めに咲き出しました。右は大町西小の桜並木です。明日は見頃でしょうか。
それにしても風が強い。昨日ラジオで武田鉄矢さんも言っていましたが、桜の花が咲く頃って風が強く吹きますよね。これって逆に考えると、風が強く吹くのを感じて花を開いているんでしょうか?







 
TOP PAGE
サイトマップ