日記のコーナー

日付と今日の行事の記録。                   
今日の日記:一日のできごとや思ったこと考えたことなど。(毎日)
読書の記録:読了タイトル及び感想など。(不定期)       

このコーナーに関する感想、反論、共感、意見、同情などをメッセージでお寄せ下さい。励みになります。


2017/09/24(日)
 大相撲秋場所は昨日の予想通り、日馬富士が本割りと決定戦で勝って優勝を決めた。
 豪栄道は13日目が終わったときに「落とせないという気持ちになると人間は弱い。自分が攻めないといけない」と反省し、14日目は堅くなりながらもがむしゃらに取って勝ったが、今日はまた「すぐに引く」という悪い癖が出てしまった。ショックは大きいと思うが、体が覚えてしまっていることなので、直すことは難しいだろう。
 一人横綱の重圧は思った以上に大きかったようだ。日馬富士も「序盤は心技体が整わなかった」と言っている。しかし「余計なことは考えずに一番一番に集中した」ことで、優勝という結果に繋がった。心技体、中でも「心」が一番大事なのだと感じた。
 心が乱れた点は御嶽海も同じだった。本来の相撲は最後まで見られなかったが、なんとか東の正関脇の地位を守った。邪念を払い、心では自分の相撲を取ろうと思っていても、体がその通りに動いてくれないもどかしさ。それでも立ち会いから逃げたりしなかった点はよかった。この経験が来場所に生きると思う。
 自分が自分であること、自分にはこれしかできない、目の前の一番に集中、3年先の稽古、5年先の稽古──など、「相撲道」から学ぶことは多い。
 今日も暑い一日だった。それでも上を見れば、秋が来ているのを感じる。
   鰯雲人に告ぐべきことならず (加藤楸邨)
   いつかてふ日は訪れず鰯雲 (井出野浩貴)
 今年は考えることが多い。


2017/09/23(土)
 大相撲秋場所を生中継で見た。
 4敗の朝乃山が負けた時には、10勝5敗での優勝決定戦への期待がふくらんだ。豪栄道が勝った時は、優勝が今日決まるのかもしれないと残念に思った。
 昨日の予告通り、結びの一番は御嶽海ではなく日馬富士を応援した。(長野県人にあるまじき行為?)
 結果は日馬富士が勝ち、優勝は豪栄道と二人に絞られた。
 成績はどうであれ、優勝決定が千秋楽結びの一番まで持ち越しになったことで、協会関係者はホッとしているだろう。荒れたような、締まりがないような場所だったが、何とか最後まで興味を持たせることができた。
 明日は日馬富士が「本割り」と決定戦に勝って優勝すれば一番いいが、果たしてどうか。その可能性は高いように思う。
 御嶽海は7勝7敗。明日の一番に関脇の座をかけることになる。立ち会い一瞬の変化でもいいから「白星」をつかんでほしい。


2017/09/22(金)
 大相撲秋場所の優勝争いがおもしろく、というかわけがわからなくなってきた。
 余裕で優勝を決めると思っていた豪栄道は、今日もガチガチに堅くなった相撲で負けて3敗。昨日の時点で4敗だった力士も次々に負けて、なんと2人になってしまった。
 あと2日間あるので、10勝5敗で大勢による優勝決定戦の可能性もある。悲惨ついでにそれを期待したい。(ヤケ)
 ここまで荒れてくると、やはり最後は横綱に締めてもらいたい。肘の痛みを抱えながらも、今日の日馬富士は強かった。集中力がすばらしい。
 日馬富士には明日も明後日も勝ってもらいたい──のだが、なんと明日の相手は御嶽海。そうなると、どちらを応援すればいいかわからない。御嶽海は今日で7勝になったから、残りを2敗しても、三役には留まれるだろう。しかし、勝ち越して関脇の地位を守ってほしい。
 さんざん(?)悩んで、明日は豪栄道が負けたら御嶽海を応援し、勝ったら日馬富士を応援することに決めた。
 残り2日。まさに優勝の行方は混沌としているが、明日の相撲で豪栄道が勝って、日馬富士と朝乃山が負ければその時点で優勝が決まる。結果的には御嶽海が秋場所を白けさせることになる……。


2017/09/21(木) 小学校読み聞かせ
 小中学校では11名のボランティア会員が、都合のつく範囲で読み聞かせを行っている。
 中学校は月一回、小学校は原則として週一回。期間は6月から12月まで。以前は三学期も行っていたが、両校とも「高台」にあるため、雪が降る(積もる)とボランティア会員の登校が困難になる。途中で事故に遭ってもいけない。長くボランティアを続けてもらうために、義務の意識は持ってほしくなかった。
 前置きはこれくらいにして、今日は小学校4年生のクラスに入った。だいたい年に3回程度は読み聞かせを担当している。
 絵本の読み聞かせは、ボランティアを務めているおかあさんやおばあちゃんに任せて、唯一の男性ボランティアである自分は主に朗読を行っている。絵ではない文章の「力」で子どもたちの反応を見たいからだ。
 今回も悩みに悩んで、その割にはあっさりと、数少ない自作の中で唯一印税をもらった短編に決めた。
 実はこの作品、何年前に読み聞かせで使ったことがあり、その時は最初から最後まで、さらには終わってからも児童が「無言」だったという苦い(?)経験がある。
 久しぶりに再読してみて、「今伝えたいことがこの文章の中にある」と勝手な自信を持って臨んだ。いきなり読み始めて、児童がとまどってもいけないからと、反則ではあるが状況設定(家族構成や概要)を話してから読んだ。
 読み始めてすぐに、笑いや相づちの声が聞こえてきた。つかみはOKだ。気をよくして最後まで読めた。
 好評のうちに終わったので、最後に作者名を明かした。驚きの声に包まれながら教室を後にした。よかった。これがあるから書き続けようと思った。
 ちなみに作品名は、元気がでる童話シリーズとして児文協から(かなり昔に)出版されている「お祭り原始人」に収録されている「ちぇんじ」。
 子どもたちから元気をもらった。


2017/09/20(水)
 御嶽海の調子が上がらない。
 今場所は体調もよく、珍しく(?)場所前の稽古も活発に行っていたようだし、さらには上位陣の大量休場でチャンスかと思っていたが……。
 優勝がダメなら二桁、二桁がダメなら勝ち越し、勝ち越しがダメでもなんとか三役には残ってほしい(悲痛)と、期待(浴)のレベルを落としている。
 相手が大関とは言え一方的に負けて今日で5勝6敗。昨日は途中出場で、今場所まだ勝ち星のない力士にも負けている。
 本人は何も語らないが、どこかに故障を抱えているのかもしれない。精神的な問題だけではないと思うが……。


2017/09/19(火)
 仕事が終わってから東信方面へ行き、夜遅くに帰ってきた。
 今日は月例会があったので、出勤時間も早かった。


2017/09/18(月)
 昨夜は風がかなり強く、夜中に何度か目が覚めた。
 外が気になったが、確かめるために外へ出るのは危険と考え、がんばって(?)寝ていた。
 一転して今日は晴れて気温が上昇。ついでに湿度も上昇したので、かなり暑く感じた。一昨日は急な寒さに耐えかねて、電気ストーブを出して書斎(?)に置いたけど、今日は片付けてしまった。残暑はまだ終わらない。
 午前中は女房とゴルフ練習場に行った。
 先月はコースで「大叩き」したが、クラブを持ってボールを打つことが進歩につながる。数ヶ月ぶりに練習場へ行くと「当たる気」がしないけど、今日は「当たらない気」がしなかった。事実、ほとんどはボールを芯で捕らえることができた。自信になった。


2017/09/17(日) 図書館シネマ
 昨夜から雨が降ったり止んだりしている。
 この天気を予想していたわけではないが、今日は特に予定はなかった。家族それぞれに過ごした。
 家にいても退屈してしまうので、午後は図書館でこの三連休に開催している映画会に行った。今日の映画は『アラヤシキの住人たち』。
 小谷村にある「真木共働学舎」の一年を追ったドキュメンタリーだ。「競争社会ではなく協力社会」を理念に、十数人が自給自足のような共同生活を営んでいる。映像の中では美しい自然が強調されてしまうが、日々の生活(特に冬)は大変だろう。
 生きる場所はどこであってもいい。それが自分で選んだ場所なら。自分には到底務まらないと思いつつも、そこで暮らす人たちの生き生きとした表情はうらやましく感じた。


2017/09/16(土)
 午後から雨になった。
 これは台風に刺激された秋雨前線によるもので、台風本体の雨は明日になってから来るらしい。
 天気予報では24時間全部傘マーク。

 息子の土曜講座が終わるのを待って佐久へ行った。せっかくの三連休。明日は動かない方がいい。
 父の様子は特に変わらなかった。何事も前向きに即決する姿勢は健在。
 娘の関係で用事があったので、夕飯を食べて帰ってきた。
 往復2時間、滞在時間3時間だったが、短いわけではなくこれくらいで十分だと感じた。


2017/09/15(金)
 長かったようで、終わってみれば短く感じる一週間が終わった。
 昔のことは覚えていても、最近のことはすぐに忘れるからか……。

 今朝の「Jアラート」にはさほど驚かなかった。「またか」という感じで、この「慣れ」が恐い。
 とは言え、これほど頻繁に発射されて、しかも日本の上を通過したとなると、遺憾に思い強く抗議するだけでいいのだろうか。
 落下地点へ狙って落としたのか、たまたまそこへ落ちたのか。

 昨日の日記に「照ノ富士は大関から落ちるだろう。」と書いたが、今日から休場してしまったので、陥落が確定した。
 大関に上がった当時は、すぐにでも横綱になると思ったが、結局は怪我が原因で伸びなかった。
 日馬富士と豪栄道は勝って、琴奨菊と阿武咲は負けた。御嶽海は勝って星を3勝3敗の五分に戻した。誰が優勝するかますますわからなくなってきたが、優勝力士の成績は12勝3敗だと(現時点で)予想。

|戻る|