日記のコーナー

日付と今日の行事の記録。                   
今日の日記:一日のできごとや思ったこと考えたことなど。(毎日)
読書の記録:読了タイトル及び感想など。(不定期)       

このコーナーに関する感想、反論、共感、意見、同情などをメッセージでお寄せ下さい。励みになります。


2017/05/27(土) 小学校PTA作業
 小学校のPTA作業に「ノース下諏訪ネットワーク運営委員会」のボランティアの一員として参加した。委員長が参加するとあれば学校側も気を遣うだろうから、できれば避けたかったが、来賓扱いされてしまった……。
 今日は委員長の立場で来てるわけではないからと、急遽依頼された「始めの会」でのあいさつを丁重に断り、他のメンバーとともに校門付近のツツジの剪定を行った。
 現場主義という言葉を使うまでもなく、参加したからこそ見えてきたことがある。ツツジが多すぎて校門や学校名が隠れつつあるとか、桜の枝が伸びすぎだとか、校庭に沿って植えられているヒマラヤ杉が大きくなりすぎて邪魔だとか。
 久しぶりに汗をかいて、ついでに課題も見つけることができて、収穫の多いPTA作業だった。
 一休みしてから午後は佐久へ行った。
 父は自分の決めた生活サイクルに従って、しっかりとした毎日を過ごしているようだ。
 実質5年間も一人暮らしをしてきたのだから、特に困っていることもない。
 明日は早朝から予定があるから、泊まらずに帰宅した。


2017/05/26(金)
 一週間の経つのが早く感じる。
 色々と「持ち越し」て来たけど、来週からは本腰を入れなければと思う。
 今週末は肉体労働(大げさ?)と車の運転で終わりそう。


2017/05/25(木)
 雨が降ったり止んだりの一日だった。
 気温も平年並みに戻っている。週明けからは「また」上がるらしいが。
 信州児童文学会の宮下和男元会長逝去。
 初めて「とうげの旗」に掲載された20枚の作品について、「長編にするように」と言ってくれた言葉がずっと引っかかっている。
 作家としてはもちろんのこと、長所を引き出すことのうまい指導者だった。
 告別式と葬儀は日曜日。行くつもりだ。


2017/05/24(水)
 往復ハガキ(52円×2)と一緒に「復路」に貼り付ける10円切手を買った。
 読み聞かせボランティアの中にはメールを使えない人が少なくないので、往復ハガキを使ってアンケートを取っている。近日中に投函するが、戻ってくるのは6月だと思うからだ。
 ハガキの値段が6月から62円になる。
 家には50円の年賀状が何枚もあり、それぞれに2円切手を貼ったのだが……。

 自筆の手紙を書かなくなって久しい。
 手紙の代わりはメール、ハガキ(年賀状)は印刷。以前は「メールや印刷だと心がこもっていない」と感じたけど、それが当たり前になってしまったら何も感じなくなった。

 初めての「文通」は中学生の時だった。相手は横須賀(だと思う)に住む女の子で、1〜2週間に一度のペースで手紙のやりとりをしていた。何を書いていたか全く覚えていないが、請われて写真を送ったら手紙が来なくなった……。
 そんなことにもめげず(?)、高校卒業までは何人かと文通をした。いずれも会う機会を持たないまま自然消滅で終わった。
 今と比べると「伝えたいことの往復」に時間がかかる時代だった。その分、すぐに訂正することはできないから、言葉を吟味していた。
 書き終えて一晩置いて、朝になって読み返し、確認してから(場合によっては書き直し)封をして投函するのが当たり前だった。
 インターネットも携帯電話もない、「不便」だった時代の話。


2017/05/23(火)
 異常なまでの暑さは、ひとまず今日までだろうか。
 日曜日に冬物から夏物へと、タンスの中の衣服の入れ替えを行った。近年は春物や秋物を出すこともなく、冬物から夏物、夏物から冬物へと替えている。
 念のため、少しだけ冬物も残してあるが……。


2017/05/22(月) 地域連携合同会議
 早退して、中学校で開かれた「地域連携合同会議」に出席した。
 地域の行事に子どもたちにも参加してもらうために、地域の役員(区長、分館長、育成会長など)と地区生徒会、地区児童会の役員とで顔を合わせて話をすることが元々の狙いだった。
 今までは出席したことはなかったが、案内文書の差出人として、小中学校校長よりも上に自分の名前を書かれてしまったので、無理してでも出席せざるを得なかった。
 呼びかけ範囲を広げたことで人数が増え、会議の内容は「薄まった」ように感じた。
 次年度に向けて気づいた点をメモしておく。(忘れっぽいので……。)
 ・分散会の人数が多すぎて話が深まらなかった。(一区)
 ・区長や分館長に対して、会議の主旨が伝わってなかったのではないか。
  お客様的な感じで、積極的に声をかけることがなかったので。
 ・行事の紹介のみに留まり、その先が進まなかった。
 ・吹奏楽部の練習がうるさすぎて(失礼)、話し声は聞こえなかった。
  短時間(40分程度)なので学校側としての配慮が必要。
  遠慮気味に小さな声で話していた面もあるが。
 ・地域の人たちと子どもたちが顔を合わせることは大切だと思う。
 ・行事の紹介、参加しましょう、参加したい、誘いたいだけではダメ。
 ・行事を作り上げるために、協力し合うことが重要。
  そのための役割を具体的に話し合えればいいが。(理想)
 ・現状では、これ以上深まらないのではないかという、冷めた見方もある。
 いずれにしても、そろそろ見直す時期だろう。


2017/05/21(日)
 早い時間帯に気温が30℃を超えた。今日も真夏日。
 多少は涼しいうちに墓参りに行った。母の葬儀以来、父は日課として続けているようだ。
 午前中に花瓶と造花を買ってきた。大量の生花もほとんど枯れてきた。
 昼過ぎに実家を後にして自宅へ戻った。
 運動不足解消のため、女房と「打ちっ放し」へ行った。
 短い休みだった。


2017/05/20(土)
 一週間ぶりの佐久。
 父の様子は今までと変わりはない。
 5年間も一人暮らしをしてきたのだから、生活面でとまどうことはない。
 やることもある。この先、初命日や四十九日、新盆と「行事」が続く。それらをどうするか考え続けているから、気が抜けることもない。適度に張り詰めているから元気に見える。
 借りた物は全て返し、葬儀屋への支払いも終え、事務的には一段落した。
 領収書の明細を見て、これにはこれくらいかかるんだと驚くやら納得するやら。

 葬儀の時には作りかけだった燕の巣が無事に完成していた。
 真下のコンクリートには糞が落ちていた。2羽の燕が出たり入ったりしている。
 雀に乗っ取られないことを祈るだけ……。

 それにしても今日は暑かった。真夏日。
 明日は「さらに」気温が上がるらしい。
 こういう日に喪服を着るのは大変だろうと心配してしまう。


2017/05/19(金)
 久しぶりの出勤だったので、途中で息切れしないかと不安だったが、終わってみればあっという間の一週間だった。
 それはさておき、今日は異常なまでに暑かった。
 真夏日にはならなかったけど25度を超えて夏日になった。
 小学校では運動会の練習が始まっている。今年もご案内の通知が届いた。


2017/05/18(木) 読み聞かせボランティア発足会
 年に一度の生活習慣病予防検診。
 去年と同じように過ごしていても、数値は少しずつ悪くなっている。
 あれこれとすべきことはあるけど、あれもこれもと考えればわけがわからなくなる。
 「結果」として体重を現在の90%まで下げれば、すべてがよくなるのだと確信した。

 読み聞かせボランティア発足会。
 公式の会議に出席するのは一ヶ月ぶりとなる。この間、幾つかの会議を欠席している。
 昨年より1名増えて、合計11名で小中学校の始業前に読み聞かせを行う。
 絵本は絵の力、朗読は文章の力。絵本にこだわらなくても、自分が読みたい本、伝えたい事柄を10分間の中で自由にやればいい。毎年恒例のことなので、児童生徒の「聞く力」もついてきた。

|戻る|